ウルトラマンの最新作ウルトラマンジードが2017年夏から放送されます。どうやら主人公を濱田龍臣が演じるということで注目ですし、悪役だったウルトラマンベリアルの息子という設定のためストーリーが気になりますよね。今回は、ウルトラマンジードについて書いていきます。

広告

ウルトラマンジードの概要

放送日:2017年7月8日(土)朝9時

ウルトラマンジードのキャスト

朝倉リク(ウルトラマンジード):濱田龍臣
まだ主人公についてのみの情報しか公開されていないようです。

ウルトラマンジードのスタッフ

監督:坂本浩一
シリーズ構成:乙一
制作・著作:円谷プロダクション

濱田龍臣のプロフィール

本名:濱田龍臣
生年月日:2000年8月27日(16歳)
出生地:千葉県
身長:175cm
血液型:A型

ウルトラマンゼロにも出演されていて自身もウルトラマンになりたいと所望していたようですね。ゼロの時は、ゼロの弟役であったのですが、今度はゼロの宿敵であるベリアルの息子ということになるため、敵なの?味方なの?って混乱しますね^^;

龍臣さん自身も小さい頃からウルトラマンにあこがれていたようですし、なかなか大役を任せられるチャンスがないと思うので羨ましいです。子役の頃からイケメンでしたが、成長しパーマの感じも大人っぽくなったなあと感じますね。

広告

ウルトラマンベリアル(父)のプロフィール

声:宮迫博之(雨上がり決死隊)
年齢:15万歳以上
身長:55メートル
体重:6万トン
武器:ギガバトルナイザー
モチーフ:サメ
出身:M78星雲光の国
出演作品:大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE
ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国

2009年公開された映画で初登場したのですが、ウルトラマンシリーズ始まって以来初の悪役ウルトラマンなんですよね。ギガバトルナイザーという武器を使い、歴代のウルトラマン達を一瞬で薙ぎ払ってしまうほど最強なキャラクターです。

声があの宮迫さんということなのですが、はまり役だと思います。それに、宮迫さんのリアルな息子さんの名前が、陸という名前なのですが、ベリアルの息子であるウルトラマンジードの役名もリクなんですよね。偶然なのか、宮迫さんが呼びやすいように監督さんからの配慮なのかわかりませんが、自分の息子と同じ名前の主人公って宮迫さんのお子さんもうれしいと思います(^^)

ウルトラマンジードの必殺技は?

まだ情報がないのですが、今回ジードライザーとウルトラカプセルを使って変身するということですし、使うカプセルによって歴代のウルトラマンの能力をインストールする感じではないかと思います。

ウルトラマンセブンならアイスラッガーとかウルトラマンオーブならエメリウムスラッガーと必殺技がことのあるので使用したカプセルによって、必殺技が違うのかもしれませんね。

ウルトラマンジードのストーリー予想

まだ、ストーリーが公開されていませんが、どうやら主人公リクは若者として生活を送っていてある日ベリアルの息子だということを知るんだそうです。おそらくこの世界でも、ベリアルのことは知られていて『自分は悪の子供』なんだという心と戦っていくのでしょうね。まるでスターウォーズのアナキン・スカイウォーカーとルーク・スカイウォーカーの設定に似てるなあと感じます。

僕の予想だと息子だと知らされないまま暗黒面に落ちたベリアルと戦うことになり息子だとベリアルから伝えられるような展開になるのではないかと思いますね。
そこに、ウルトラマンゼロが登場してジードが正義を取るのか?父であるベリアルの方を取るのかを選択させられながらも父と戦う決意をしていくような、父親を倒すストーリーみたいな展開だと妄想しています(^^)

ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国 [ 円谷プロダクション ]

価格:3,693円
(2017/4/27 21:50時点)

ウルトラマンジードの予告動画

特に目がベリアルの息子だなあと感じますね。どんなストーリーなのかワクワクです!

まとめ:ウルトラマンジード

今回は、ウルトラマンジードのストーリー予想について書いてみました。
悪役の息子として生きていくのか悪に立ち向かっていくのか、ジードがどう運命を切り開いていくのか楽しみですし、ベリアルとの関係がどうなるのかもきになりますね。

是非見たいと思います。

広告