【R1ぐらんぷり】観客の悲鳴が不快?悲鳴ネタの理由や動画まとめ

2019年3月10日に放送されたR1ぐらんぷりが放送されていました。

どうやら、ネタ中の観客の悲鳴が不快だと話題になっていました。

動画を検索してみたところ、確かに悲鳴が思ったよりも多くて不快でしたね。

そこで今回は、R1グランプリで悲鳴が上がったネタ反応をまとめてみます。

広告

【R1ぐらんぷり】観客の悲鳴が不快?

2019年3月11日に放送されたR1ぐらんぷり2019が面白かったですよね。

優勝したのは、霜降り明星の粗品さんのネタだったのですが、どのネタも面白くて見入ってしまいましたね。

しかし、話題に上がっていたのは優勝したネタではなく観客の悲鳴に対することのようで視聴者や芸能人の方々からは「不快」だと話題になっていました。

ニュースにも取り上げっていいたのですが、確かにネタよりも観客の悲鳴の方が気になってしまいますし、せっかく面白いネタでも冷めてしまいますね。

R1グランプリで悲鳴が上がったネタ

悲鳴が話題になっていたのは以下の3人です。

  • チョコプラの松尾さん
  • おいでやす小田さん
  • 岡田陽一さん
  • こがけんさん
  • だーりんず松本りんすさん

中でも岡田陽一さんのネタは、悲鳴がすごくて司会者も笑ってやり過ごすしかなさそうで困っているように見えます。

広告

【動画】チョコプラ松尾のネタ

IKKOさんのものまねで一休さんのトンチを題材にしたネタなのですが、ファンデーションを塗った際にすごい悲鳴が上がっています。

特に悲鳴を上げるポイントではないですし、松尾さんがおしりを観客に向けたのが悪かったのでしょうかね。

動画では、1:30のシーンでトラにファンデーションを塗るシーンですね。

【動画】おいでやす小田のネタ

豪邸の家で暮らすことになった元貧乏人が、ソファーに座りながら幸せとはいったいなんなのか?と体を全力でのけぞらせる姿を描いたネタです。

悲鳴が上がっているのは、激しくソファーでのけぞる瞬間なのですが、特に見ていても不快に思いませんよね。

あえていうなら、ソファーも動くほどの勢いにドン引きした悲鳴だったのかもしれませんね。

残念ながら動画は削除されていました。

【動画】岡田陽一のネタ

R1でも一番悲鳴がわかりやすかったのですが、風船に鶏肉を付けて空に返してあげるというネタでした。

そんな発想あったのか!と思わせる面白いネタだったのですが実際にいるサイコパスな人だとでも思ったのかもしれませんがフィクションですし、全然悲鳴を上げるポイントがないように思えます。

動画では、0:35に悲鳴が聞こえてきますし、その後もかなりひどいです

【動画】こがけんのネタ

あなたの潜在能力を引き出すマイクというテーマをされていました。

悲鳴が起こったのは、マイクの値段が「100万もしたからなあ」というフレーズです。

明らかに作り物でネタ振りなのに「ええ~!」という悲鳴が起こっています。

【動画】だーりんず松本りんすのネタ

松本りんすさんは、実はカツラなんですよね。

ガチのズラということをカミングアウトしたあとに、アキラ100%のネタのような一発芸を披露されています。

動画では、1:28あたりで悲鳴が上がっていますし、カツラを取るたびに悲鳴があがっています。

R1の悲鳴に対する反応は?

芸能人の方でも悲鳴に関してすごく気になっている方も多くいたようです。

お笑い番組で笑おうと思った方にしてみれば、どうして悲鳴が起こるのか理解できませんよね。

まとめ

今回は、R1ぐらんぷりで悲鳴が起こった理由やネタについてまとめてみました。

調べてみると確かに、視聴者にも聞こえるくらい不快な悲鳴が起こっていましたね。

お笑いを見に来ているのに、ネタとして見れないのは本当にひどいですし深いですよね。

広告