少女漫画原作の坂道のアポロンが実写化しますね。坂道のアポロンと言えば、ジャズをテーマにしたストーリーで、2014年にアニメ化もされています。
アニメ版では、挿入歌や主人公の演奏曲ががすごく素敵で感動したのを覚えているので実写版でもこだわりがあるのではないかと思いますね。
今回は、実写版『坂道のアポロン』の曲とストーリーについて書いていきます。

広告

坂道のアポロンの概要

名前:坂道のアポロン(さかみちのアポロン)
作者:小玉ユキ(こだまゆき)
原作:漫画(全9巻+番外編1巻)
連載:月刊フラワーズ(小学館)
連載期間:2007年11月号から2012年3月号

アニメ公式サイトはこちら

実写映画は、2018年にロードショーです。

2012年にはテレビアニメ化がされ全12話が放送されましたね。
また、原作は2009年に『このマンガすごい!女性編』で1位獲得し、第57回小学館漫画賞一般向け部門を受賞しています。

ジャズをテーマにした作品なのですが、音楽に掛ける思いが鳥肌ものですし、この作品をみてジャズの良さを知ることができるんですよね。

特に文化祭のシーンの主人公2人のセッションがかっこいいです!
作品は、長崎県の佐世保市にある佐世保東高校を舞台にしているのですが、佐世保弁という方言がかわいいんですよね。

佐世保弁がかわいい

九州の博多弁のような表現で、女子が使うとかわいいなあと思います。あなたのことが好きという表現がまたキュンとしますし、体育館裏で言われたらうれしいですよね。

例えば以下のように表現があります。

・あんたばばり好いとるばい→あなたの事とても好きなんです
・お祭りに一緒に行くっちゃ→お祭り一緒に行く?
・何で会えんと?→何で会えないの?
・今、あんたの事見よった→今、あなたの事見よった
・会いたか!→会いたい!

佐世保弁の参考サイトはこちら

【実写】坂道のアポロンのキャスト

西見薫(にしみかおる):知念侑李(Hey! Say! JUMP)

転校を繰り返してきた高校1年生で人付き合いが苦手なんですよね。

ですが、小学生の頃からクラシックをピアノで弾いていたのですが転校先である佐世保東高に通うようになりヒロインの律子に恋に落ちます。
もう一人の主人公千太郎からは『ボン』というあだ名をつけられるのですが、千太郎からジャズの魅力を教えられ挑むようになるんですよね。

川渕千太郎(かわぶちせんたろう):中川大志

豪快な性格の不良の高校一年生です。腕も強く、学校からは札付きのワルだと恐れられているんですよね。日本人とアメリカのハーフで祖父夫婦の元で妹と弟と暮らしています。作品中ではジャズのドラムを担当しているのですが、豪快でかっこいいんですよね。

迎律子(むかえりつこ):小松菜奈

千太郎の幼馴染で、顔にそばかすが特徴のクラスの学級委員です。純粋な性格で明るく、実家がレコード屋(ムカエレコード)なんですよね。
実家の地下には、ピアノやドラムセットがおいてあり、密かに千太郎に恋をしています。あだ名はりっちゃんですね。

深堀百合香(ふかほりゆりか):キャスト未発表

薫たちの先輩で高校2年生で、ミステリアスな雰囲気を持つ美少女です。

性格は活発で好奇心旺盛なんですよね。美術部所属していて家が裕福のお嬢様ということになります。薫・千太郎・律子が3人で遊びに行った時、不良に絡まれているところを千太郎に助けられるのですが、千太郎に招待されて行った店で出会ったトランペット奏者の大学生淳一に恋をするんですよね。

坂道のアポロンのスタッフ

監督:三木孝浩
脚本:髙橋泉

広告

深堀百合香役のキャスト予想

まだ、キャストが発表されていないようですが、千太郎が恋するようなミステリアスな雰囲気を持った10代の女優さんということになりますよね。

そうなると、誰になるかとなあと予想を立てると中条あやみさんがあたりがキャスティングされるような気がしますね。中条あやみさんは、映画やドラマ経験もあるということですし、何よりヴァイオリンを趣味にしていることで音楽についての経験があることからキャスティングされる可能性がありますね。

また、母親が日本人で父がイギリス人のハーフということやミスセブンティーンにも選ばれたほどの美人さんなのがいいです(^^)

坂道のアポロンのあらすじ

1966年の夏を舞台に主人公の男子高校生の西見薫が船乗りの仕事をしている父親の関係で、薫は横須賀から長崎県の佐世保市にある佐世保東高校に転校して来るんですよね。転校初日には、同じクラスでクラスでもワルとされているいわゆるバンカラ風の男川渕千太郎と出会いジャズの魅力にはまります。

は、千太郎の幼馴染である迎律子に恋をし、律子は千太郎に恋をしています。また、千太郎は上級生の百合香に恋をするのですが、百合香桂木淳一に思いを寄せているという複雑な関係なのが面白いですよね。

ですが、ある日薫は律子が千太郎のことが好きなのを承知の上で、律子に自分の思いを告白します。律子は、途惑うのですが千太郎が律子の思いに気がつかないことから、次第に薫に魅かれていきますね。

坂道のアポロン(1)【電子書籍】[ 小玉ユキ ]

価格:432円
(2017/4/29 01:21時点)

坂道のアポロンの文化祭での演奏曲は?

曲名:私のお気に入り
原題:My Favorite Things
作曲:リチャード・ロジャース
作詞:オスカー・ハマースタイン2世

ミュージカル映画の『サウンド・オブ・ミュージック』で使われている曲で、映画内の雷を怖がる子供達がマリア先生の部屋にやってくる場面で使われいますね。

アニメ 坂道のアポロン オリジナル・サウンドトラック [ 菅野よう子 ]

価格:3,146円
(2017/4/29 01:23時点)
感想(10件)

 

My Favorite Thingsの動画

坂道のアポロンの名シーン動画

坂道のアポロンの作品の中で、名シーンと呼ばれる文化祭のシーンでは薫のピアノと千太郎のドラムでジャズアレンジがまるで2人の王子様がケンカしながら手を繋いで返ってきたなんて表現されています。何度聞いても、このシーンは感動できますね。

まとめ:【実写】坂道のアポロン

今回は、【実写】坂道のアポロンのキャスティング予想と演奏曲について紹介してみました。原作やアニメが面白かったですし、実写もしやすいと思うので、演奏シーンが楽しみですね。
是非、見たいと思います。

広告