【動画】AKS松村匠が記者会見で嘘をつく理由は?山口真帆に謝罪を要求?

2019年3月22日にNGT48を運営するAKSの松村匠取締役記者会見されました。

記者会見の中で松村匠さんは、山口真帆さんに謝罪を強要していないと発言されていましたね。

リアルタイムで記者会見を見ていた山口真帆さんがTwitterで反論し、嘘であることや松村匠さんが考えた文章などが添付され嘘であると暴露されていました。

そこで今回は、松村匠取締役が嘘をつく理由について書いてみようと思います。

また、記者会見の動画についてもまとめてみますね。

広告

AKS松村匠が山口真帆に謝罪を強要していた?

2019年3月22日13:30からNGT48の山口真帆さんに対する暴行問題について調査説明会が行われました。

NGT48グループを運営するAKSでは、弁護士による第三者委員会がまとめて調査したということを報告されていました。

山口さんは、2018年12月に自宅に男性2人から暴行を受けたということで同じメンバーが関与しているということを1月8日から9日の動画やSNSで告白されていました。

騒動については、1月10日に新潟市内のNGT48劇場で山口真帆さん本人が謝罪することになったんですよね。

ですがなぜ、謝罪しなければならかったのでしょうかね。

Twitterなどでは以下の意見がありました。

  • なぜ被害者が謝罪しなければいけないのか?
  • 自体をもっと重く受け止めるべき
  • 運営の危機感のなさに憤りを感じる

どうやら、この謝罪については山口真帆さんが記者会見中にTwitterで松村匠による文章だと暴露されていました。

【反論】記者会見中の山口真帆のTwitter

どうやら、山口真帆さんは松村匠取締役から1月10日に謝罪を要求されていたようです。

もし断れば、違うメンバーが変わりに謝罪することになるということで山口真帆さん本人が謝ることになったようですね。

また、第三者委員会が行われる前に繋がっているメンバーを全員解雇すると約束されていたようですが、このことについても何も連絡がなかったようです。

メンバーを脅迫の道具に使って謝罪するようにしたのでしょうね。

AKS松村匠が記者会見で嘘をつく理由は?

なぜ、松村匠取締役は山口真帆さんに謝罪をするように強要したのでしょうか。

被害者である山口真帆さんを守るというより自分の利益のためにごまかしているようにしか思えませんよね。

会見中にまさか、山口真帆さんからTwitterで暴露されるとは思ってもみなかったでしょうね。

メンバーを脅迫の道具に使って、謝罪させた挙げ句に解雇しないところをみると、メンバーよりもNGTを維持して自分の保身しているようにしか思えません。

山口真帆さん本人が会見中にTwitterで発信されたのは、すごい勇気がいることだと思いました。

今回の会見で、本人からのTwitterで反論する自体は歴史に残る事例ではないかと思いましたね。

これは、弁護士を雇って別で慰謝料請求などの訴訟を起こしてもいいと思いましたし、応援してくれる方も多いと思いましたね。

広告

AKS松村匠の記者会見についての世間の反応

【動画】AKS松村匠の記者会見

まとめ

今回は、山口真帆さんの暴行に関する謝罪会見について書いてみました。

会見中に松村匠に対して、山口真帆さんからTwitterで暴露されるとは驚きましたね。

歴史に残る会見だったと思いますし、勇気ある行動にすごく震えましたね。

広告