萩原健一の闘病の病名は何?消化管間質腫瘍とはどんな病気?症状は?

俳優の萩原健一さんが息を引き取ったようです。

萩原健一の病名については明かされていないのですが、闘病というのは何の病気だったのでしょうか。

どうやら2018年に末期がんの役をされていたようですね。

広告

 

萩原健一が息を引き取る

2019年3月26日にドラマ「太陽にほえろ!」や「傷だらけの天使」などで知られる萩原健一さんが息を引き取ったようです。

2011年頃から闘病されていたようで、本人の希望で病名が公表されていなかったようですね。

周りに知られてくなかったのでしょうし、8年間も我慢していたということがすごすぎます。

ニュースによるとGIGT(消化管間質腫瘍)という病気だったようですがどんな症状があるのでしょうか?

萩原健一の闘病の病名は何?消化管間質腫瘍とはどんな病気?

消化管間質腫瘍は、GIST(ジスト)と呼ばれており胃や小腸などの消化管の壁に転移する筋肉の悪性腫瘍のようです。

胃や腸などは粘膜におおわれておりその下に筋肉層があるのですがごくまれに腫瘍化する病気で10万人に2人くらいの確率で発生するようですね。

投薬治療で問題なく日常生活をおくることができるようですが、4年~5年をすぎると薬の耐性ができることで効かなくなってくるようです。

自覚症状がなく、吐き気や胸痛、出血、貧血、腹痛、お腹のはりなどがあるようですが見つかるのも遅れがちのようです。

はっきりとしない腹痛ということでおそらく我慢できるぐらいの症状ではないかと思われます。

2016年に出演されていたバラエティ番組では、冗談で言っていましたが、今思うとかなり重い言葉だったのかもしれませんね。

萩原さんは、自覚症状がなかったのでしょうし容態が急変したことで息を引き取ったのかもしれませんね。

実は萩原健一さんが2018年に放送されたドラマ「不惑のスクラム」にも出演されていたようですね。

広告

萩原健一は不惑のスクラムで末期がんの役をしていた?

2018年に放送された「不惑のスクラム」では、ステージ4の末期がんを抱える役を演じていたようです。

ドラマでは、ラグビーを支えに家族の支えもありながら生き抜こうという役柄なのですがドラマの途中で亡くなる役なんですよね。

自身も闘病中ということで、どんな思いで演じられたのかと想像すると胸が痛くなりますね。

まとめ

今回は、ショーケンこと萩原健一さんについて書いてみました。

8年もの間、闘病していたとは驚きましたね。

2018年に放送されたドラマでは、末期がんの役をされていましたが気持ちを考えると胸が痛くなりますね。

広告