【動画】習志野高校のサイン盗み疑惑って何?問題のシーンはいつ?

2019年3月28日に開催された星陵高校と習志野高校サイン盗み疑惑が持ち上がりました。

動画を見てみると星陵高校の林監督が抗議をしている様子が写っています。

そこで今回は、習志野高校のサイン盗み疑惑の映像がいつなのか動画などをまとめてみたいと思います。

広告


 

習志野高校がサイン盗みって本当?

2019年3月28日に行われた春の選抜高校野球2回戦で習志野高校と星陵高校の試合が行われました。

結果は、習志野高校3ー1星陵高校で習志野高校が勝利しています。

星陵高校の林監督は「フェアじゃない。証拠がありますよ。映像がここで見せてもいいですよ」と抗議したようで確信があるサイン盗みがあったことを主張していました。

スポーツマンシップに則り互いを尊重しあう高校野球ですが、サイン盗みについてはやはり重大な問題になりそうですよね。

2018年にもラフプレイをした高校が話題になっていましたし、ラグビーのタックル問題もありましたし、勝つためにはなんでも有りというのは見ていて後味が悪いですよね。

今回勝利したのが不正をしたのではないかと疑われている習志野高校なのですが本当にサイン盗みがあったのでしょうか?

【動画】習志野高校のサイン盗みの問題のシーンは?

習志野高校と星陵高校の試合は以下の動画にアップされていました。

問題となったシーンは、4回の表で習志野高校の攻撃の場面に林監督が抗議しているところですね。

おそらく、監督が抗議したのは試合をしていて選手から何かしらの違和感があったことが伝えられたからなのかもしれません。

調査したところ、4回の表の習志野高校の攻撃で2塁にランナーがいる場面に2塁ランナーがヘルメットを触っていることが不自然だということなのかもしれません。

ヘルメットを直すにしろ、ツバと頭の2回触っているのが怪しいとされていますね。

確かに疑惑と言えば疑惑ですし、抗議されてもおかしくないです。

【動画】星陵高校もサイン盗みが怪しい?

どうやら、習志野高校だけでなはく相手となった星陵高校に対してもサイン盗み疑惑が持ち上がっています。

これは、どちらも不正をしたということなんでしょうか

問題となっているシーンは、1回ウラで星陵高校の攻撃のシーン(14:37)の時に2塁ランナーが不自然ステップやヘルメットを触るシーンが怪しいという意見があります。

お互いに不正をしあっているから相手の行動が怪しく感じるだけなのかもしれません。

本来ならサイン盗みなどを考えなくていいのですが、事前に相手のサインを教えるように指導していたとすれば、相手のサインにも敏感になるのかもしれませんね。

広告


不正と思われる画像まとめ

習志野高校と星陵高校のサイン盗み疑惑のシーンを抜き出して見ました。

ヘルメットを触るという行動自体は、走塁手としてよくあるようですね。

ただ、ヘルメットのツバや頭を触るというのは違和感を持たれる方もいたのかもしれません。

仮にサイン盗みだとしたら、全然フェアではないですし監督が怒るのも納得できますね。

まとめ

今回は、習志野高校と星陵高校のサイン盗みシーンについてまとめてみました。

習志野高校がサインを盗んだとされていますが、どちらも怪しいサインを出しているようにも見えますね。

高校野球とは言え、勝つためになんでもするのはイメージがよくないかもしれませんね。

広告


【関連記事はこちら】

【仙台育英】渡部夏史のラフプレーは故意?中川卓也が車椅子で帰宅がかわいそう!

【仙台育英】ファーストを蹴った選手は誰?やりすぎで怖い!出場停止?