2017年5月7日にabemaTVで放送された番組なのですが、一般人とプロと試合ということなのでボクシングの素晴らしさが伝わった試合を見せてくれましたね。
今回は、亀田興毅に勝ったらの番組の感想について書いていきます。

広告

『亀田興毅に勝ったら』の感想と勝者

試合を見ていたのですが、まずサーバーダウンがすごかったですね。
ところどころ、再生が止まってしまったりして、最後改めて試合を再放送となったのですが最後も再生が止まってしまうほど、注目の試合だったことがわかります。

亀田興毅に勝ったら
出演メンバーも、ホスト、先生、ユーチューバー、元暴走族総長ということで誰かが勝利するかもしれないと思いましたね。残念がながら、1000万円を手にする挑戦者はいませんでしたがプロ相手に勝つのではないかと思われる選手がいます。

僕の予想では、ボクシング経験者のユーチューバーのジョー選手だったのですが、元暴走族総長のユウタ選手もかなりいい試合で面白いんですよね。

亀田興毅に勝ったら

ジョーの試合がすごい

ボクシング経験があるということで、4人の選手でボクシングのスタイルを取っていたのがジョー選手だけでしたね。

気合の面でも、ダウンを取ってカウントでの休憩を取らずに飛びながらファイティングポーズを取っていましたし、亀田選手にアオっていたのも倒しに来ている雰囲気が伝わってきます。

亀田興毅に勝ったら

また、一度ダウンを取られた時の応援席からの『立つんだジョー!』という声援にはウケましたね。『明日のジョー』での丹下段平のセリフなのですが、おそらく叫んだ方も言ってやろうと準備していたのかなあと思います。試合後に、youtubeのチャンネル登録者も3万人ほど増えたとのことですし、試合を踏まえて今後の動画配信も楽しみですね。

広告

元暴走族総長ユウタの試合もすごい

試合前の会見の会見では、ただ強がっているだけですぐにダウンさせられるだろうと思っていましたが、試合を見て感動しましたね。

亀田興毅に勝ったら

ストリートで喧嘩をしていたということだったのですが、今回の試合に向け知り合いの事務でスパーリングや本格的な練習をされていたので、見た目より真面目な方なのだというギャップが好印象です。

亀田興毅に勝ったら
試合中も、何度もボディーにパンチが入っていたりするのに一向にダウンにならないのがやはり気合がすごいと感じますね。素人試合とは思えないボクシングの試合を見せて貰ったように思えます。

試合後のインタビューでも喧嘩越しで言うのかと思いきや、亀田選手を立てて「ストリートよりも世界が強い!」と絶賛しているのがまたボクシングというスポーツを通しての感動できるシーンだと思いますね。

亀田興毅に勝ったら

まとめ:『亀田興毅に勝ったら』

今回は、『亀田興毅に勝ったら』の試合についての感想を書いてみました。
素人だから、手加減しているのかと思いきやどの選手にも本気で戦っていたと感じますし、またいろんな企画のボクシングも見たいと思いますね。
次回も新しい企画が楽しみです。

『亀田選手に勝ったら』の概要記事はこちら

広告