【動画】遮断機を切断したのはなぜ?踏切が30分も開かなかった理由

2019年4月13日の午前7時半に、千葉県船橋市の踏切に遮断機を2本ものこぎりで切断した男性の動画が話題となっていました。

Twitter上にアップされていた動画をみると、50代の軽自動車になる男性が遮断機を切っている姿がありました。

では、なぜ遮断機を切断する必要があったのでしょうか

また、踏切が30分も開かなかった理由はなぜなのでしょうか。

調査してみたいと思います

広告

【動画】遮断機を切断した男性が話題

2019年4月13日に踏切の遮断機を切断したという動画がTwitter上にアップされていました。

動画を拝見したところ、のこぎりを使い男性が2本の遮断機を切断していました。

動画には、白い軽自動車に乗る夫婦らしき2人と車のナンバーがバッチリと映っていましたね。

ナンバーには、「習志野636」と記載されているようです。

現場が船橋市ということなので、この近辺にする地元の方ということがわかりますね。

踏切が切断された現場

犯行の場所については、千葉県船橋市宮本8丁目の京成船橋競馬場駅の近くです。

遮断機を切断したのはなぜ?

ニュース記事によると、この踏切は30分近くも開かなかったということがわかりました。

人身事故によるもので、この踏切で待機していた車もかなり渋滞していたのではないかと思いました。

普通に遮断機と言えば、2~3分もすれば開きます、この方の職業は板金業ということでのこぎりなどの工具を持っていたのでしょう

時間帯を見てみても朝の7時半で、現場に急いでいたのでしょうね

職人さんのような職業であれば、朝に打ち合わせしたりするわけですから遅れるなんてことはどんな理由であれ避けたいところです。

迂回(うかい)しようにも、この踏切を見る限りUターンすることが難しそうですし、渋滞もかなりしていたのだと思いますね。

千葉・船橋市の踏切で、遮断機の棒をのこぎりで切った疑いで逮捕された男は、およそ30分間にわたって踏切が開かず、腹を立てて犯行に及んでいたことが新たにわかった。

板金業の中野勝徳容疑者(53)は、13日午前7時半ごろ、船橋市の京成線船橋競馬場駅近くの踏切で、遮断機の棒2本をのこぎりで切断した疑いが持たれている。

当時、現場の踏切は、人身事故の影響により、およそ30分間にわたって、開かない状態が続いていたという。

中野容疑者は、仕事に向かう途中で、持っていたのこぎりで犯行に及んでいた。

調べに対して中野容疑者は、「仕事があるのに、渋滞して車が動かなくなり、腹が立ってやってしまった」などと容疑を認めている。

引用元:FNNPRIME

広告

踏切が30分も開かなかった理由は?

30分間も踏切が開かなかった理由としては、人身事故によることが原因だとわかりましたね。

ですが、本当にこの夫婦だけが悪いことなのでしょうか

確かに、この後に通る人や車の事を考えると遮断機がないことって安全ではないですし、通っていいのかも判断が難しいと思います。

この踏切で足止めを食らってしまった車の中には、病院に通院する方だっていたかもしれません

現場の場所を調べたところ、道を通った先に2件ほど病院がありますし、中には産婦人科までありました

また、この現場が見える場所に「船橋競馬場駅」という駅があることがわかりました。

そのことを考えると、駅の職員側も気づいていたはずですし電車が来ないことがわかっていたのなら一時的に操作や車の誘導だってできたと思いますね。

今回の問題としては、遮断機を切断した男性に対して批難されるのは当然だと感じますが、駅の職員側にも何かしらの対策ができたのではないかと感じますね。

この男性については、すでに器物損壊の疑いで逮捕されたようですし、奥さんも止めていたことがわかりました。

朝早くから現場などに行くつもりだったのでしょうし、腹が立つことを考えるとこの方の事情も考慮したいところですが、もっと違う手段がなかったのかと考えさせられます

さすがに、遮断機を切るという発想に至るのはちょっとおかしいですし、落ち着いて行動してほしいですね。

まとめ

今回は、遮断機の切断動画について書いてみました。

この事件については、男性の身元がはっきりと動画にも映っていたため器物損壊の疑いで逮捕となりました。

病院などに通院する方もいたと思いますし、30分も立ち往生ではさすがにイラッとするのも考慮したいですね。

しかし、後に通る人のことを考えるとやってはいけないことですし反省もしてほしいですね。

広告