イッテQリコーダー動画

世界の果てまでイッテQ!でガンバレルーヤがやっていたリコーダーのミュージックビデオが面白いですよね。

見ていて癖になりますし、正体不明のおじさんも気になってしまいますよね。

この記事では、ガンバレルーヤがやっていたリコーダー奏者の元ネタや動画について紹介しますね。

広告

【イッテQ】リコーダー奏者の元ネタ

イッテQで、まるでスティーブ・ジョブズのような薄毛のオジサンがリコーダーを吹きながら増殖してく動画が取り上げられていましたね。

実は、世界的に注目されているアーティストで動画再生数も700万回を突破しているすごい方なんです。

ウラジミール・コシュマール(Vladimir Cauchemar)というアーティストで作った楽曲なのですが、MVに登場しているオジサンとが本人なのかもしれないと言われていますね。

ただ正体不明ということで活躍されていますね。

唯一わかっていることは、ウラジミールは日本人のハーフということで日本語もわかるようですね。

ツイッターのアカウントで公表されていました。

【動画】リコーダー奏者の元ネタ

怪しそうなおじさんですが、何度も見ているとだんだんとこの人の世界にハマってしまいますね。

無表情だから余計面白いのかもしれません。

【イッテQ】ガンバレルーヤのリコーダー奏者ネタが面白い!作り方は?

イッテQでガンバレルーヤの2人が、リコーダー奏者のネタを再現していたのが面白かったですよね。

ミュージックビデオに登場したオジサンと同じ動きを真似されていましたが、癖になって笑えました

作り方については、カメラを固定させて何度も撮影し後でパソコンで合成させて増殖させるというものでした。

それにしてもすごい完成度ですよね。

広告

【動画】ガンバレルーヤのリコーダー奏者ネタ

ガンバレルーヤの2人がリコーダーを吹きながら迫ってくるところもいいですが、

大量のまひるとよしこが階段を登っていくシーンは、かなり見応えがありますね。

撮影するにしてもすごく時間がかかったと思います。

だからなのか、ちょっと冷めているような表情をしているのかもしれませんね。

まとめ

今回は、ガンバレルーヤの2人がイッテQでやっていた動画について書いてみました。

リコーダー奏者の動画は癖になりますし、面白いですよね。

映像がすごいですし、何度も見直したいですね。

広告