【池袋プリウス事件】逮捕されない理由は飯塚幸三さんが上級国民?

池袋で起きたプリウスによる事故を起こした飯塚幸三(いいづかこうぞう)さん。

軽症10人と亡くなった方も2人という多くの方を巻き込んだにも関わらず、逮捕されないことに疑問があります。

この記事では、池袋プリウス事件で容疑者が逮捕されない理由について紹介します。

広告

池袋プリウス事件の経緯

2019年4月19日午後0時30分頃に、乗用車がゴミ収集車に衝突し歩行者を次々にはねました

巻き込まれた中には、親子連れもいたとのことでまもなく亡くなったことと報道されていました。

こちらの画像が警視庁から取材でわかった内容になります。

事件の経緯
  1. ガードパイプに接触
  2. 自転車に乗った男性をはねる
  3. 自転車の母子をはねる(2名が亡くなる)
  4. ゴミ収集車に衝突
  5. 歩行者をはねる(4名が軽症)
  6. トラックにぶつかり停止

車両側の信号機は赤だったと見られており、事件を起こした87歳の犯人は以下のように話しているようでした。

「アクセルが戻らなくなって人をいっぱいひいてしまった」

かなりの人が巻き込まれ、亡くなった方もいるというのに犯人が逮捕されなず任意で事情を聞くというような対応になっているようです。

果たして、犯人が逮捕されない理由とはなんなのでしょうか。

…前略

乗用車を運転していたのは87歳の男性で、調べに対し「アクセルが戻らなくなった」と説明しているということで、警視庁は、けがをしていることなどから、逮捕はせず任意で事情を聴くことにしています。

引用元:NHK NEWS

【動画】池袋プリウス事件

【池袋プリウス事件】逮捕されない理由は?

事件を起こした87歳の男性については、身元が判明しており無職の飯塚幸三(いいずかこうぞう)さんという方であることが判明しました。

報道では、車両内部に搭載されていたドライブレコーダーに奥さん(80歳)との会話が記録されていたとの情報がありました。

奥さん「危ないよ、どうしたの?」

飯塚さん「あ~どうしたんだろうね」

事故の前後のやり取りとして残されていたこの会話については、ガードレールに接触する前のカーブで記録されたようです。

アクセルが戻らなかったということは、車の誤作動の疑いということなのかもしれません。

高齢ドライバーによる事件が多発しているため、今回の事件も認知症のような病気が絡んでいる可能性もありえます

事件が発生してしまった要因
  • 車両側の不具合がある可能性
  • ドライバー側に問題がある可能性

広告

車両側の不具合による可能性

報道によると、アクセルやブレーキの下に落下物が落ちていた形跡がないようですね。

ただ、プリウスについては2009年にアクセルペダルが戻らなくなる恐れがあるとして426万台のリコールが発生していました。

日本で発売されている車両にそのようなものがないとされているようですし、今回の事件についても関係があるかもしれません。

米トヨタ自動車販売は、アクセルペダルが戻せなくなる恐れがあるとし、「レクサス」「プリウス」など7車種を対象に米運輸省高速道路交通安全局(NHTSA)にリコール(回収・無償修理)を届け出ることが2009年11月25日にわかった。対象車は少なくとも426万台に達する見込み。分厚いフロアマットがずれアクセルペダルが引っかかる不具合。日本で発売されている車は危険がないという。

引用元:Jcastニュース

ドライバー側に問題がある可能性

このガードレールの場所に何かヒントがあるのではないかと思い、Googleマップで検証して以下のようにまとめてみました。

こちらが事故を起こした場所の画像です。

また、ガードレールに衝突していた場所について車両視点での画像を見てみましょう。

事件の現場につくためには、ゆるいカーブを左折していきますよね。

ここに設置してあるガードレールに衝突したことになります。

ドライバーの操作ミスの経緯予想
  • ハンドルの操作のミスでガードレールに衝突してしまい、ブレーキをかけて停車させるつもりがアクセルを踏み込んでしまって加速してしまった。
  • カーブでスピードを落とすためにブレーキをかけようとしたらアクセルを踏み込んでしまって加速してしまった。

ガードレールが設置されていたところは、首都高の下を走る道路なのですがかなり車両も多い場所です。

後ろに並んでいる車も危険を察知して、クラクションを鳴らしたり、歩行者からの視点などで焦ったと考えるとドライバーの操作ミスも可能性して考えられますよね。

高齢ドライバーの操作ミスの可能性があるのですが、まだ車両側の問題に可能性があるため逮捕ができないということなのでしょうか。

しかし、これまでに発生してきた事件ならどんな理由があれ、即逮捕という流れだったと思います

今回の事件に関しては、飯塚幸三さんが上級国民であるということが関係しているようですね。

広告

飯塚幸三さんが上級国民だから逮捕されない?

飯塚幸三さんは、旧通産省の元工業技術院長で、農機大手クボタの副社長も務めていたという経緯があるようでした。

SNS上でも飯塚幸三さんの画像が出回っており、かなり偉い立場にあったようですね。

本来なら有罪確定なのですが、上級国民と呼ばれており「飯塚幸三容疑者」ではなく「飯塚幸三さん」と丁重に扱われているようですね。

元官僚ということで天下りによる無罪になるということなのだとしたら、警察や司法などにも不信感が積もってしまいます。

この事件で亡くなった母親と子供を失った旦那さんからすれば、病気などで先がなかったわけでなく突然、命を奪われたことになりますよね。

少し前まで元気だったのに、いなくなった母親と子供のことを考えると悔しい気持ちになります。

人が2人亡くなっているのに、偉い方だからといって平民の命を奪っても罪に問われないのはおかしいですし、金と権力でもみ消してほしくないですね。

まだ、車両側に問題あるのか?ドライバーに問題あるのか?と不明な部分もありますが、名前の後ろに「さん」を付けている当たりが上級国民を丁重に扱っているようにしか思えないですね。

事件の真相が早く見つかることを祈るしかありません。

まとめ

今回は、池袋で発生したプリウスによる事故について書いてみました。

事件を起こした飯塚幸三は、逮捕されていないことに疑問を感じますよね。

理由については、上級国民だからということではないかとウワサされています

高齢ドライバーによる事件も多発していますが、人の命を奪う機械でもあることを自覚して、運転できなくなったなら返納などをしてほしいですね。

広告