【JR東日本】サフィール踊り子の元ネタはサクラ大戦のロベリア?

JR東日本が伊豆方面に新たな観光特急列車「サフィール踊り子」を運行することを発表されてました

美しいサファイヤブルーの車両が特徴なのですが、元ネタがサクラ大戦のキャラクターではないかと話題になっていました

この記事では、サフィール踊り子について紹介しますね

広告

【JR東日本】サフィール踊り子が導入される

2020年春からJR東日本で新たな観光特急列車が運行することが発表されました。

車両の名前は、サフィール踊り子というようですね

変わった名前なのですが、どういう意味なのでしょうか。

サフィールについて検索してみると以下のような意味であることがわかりました

サフィールの意味
  • フランス後でサファイヤのこと
  • フランスの衛星打ち上げロケットの名前
  • フランスの通常動力潜水艦のクラス

また、美少女戦士セーラームーンでは、敵キャラとして登場していました

セーラームーン以外にも「テイルズオブジアビス」や「ログホライズン」というアニメの地名にも使われているようですね。

車両の説明にもサファイヤのように青く輝く伊豆の海と空をイメージして作られたとなっていました

上質で高級な車両ということで、値段も高くなる可能性がありますね。

実は、ネット上でサフィール踊り子について元ネタがサクラ大戦ではないかと言われていました

広告

【画像】サフィール踊り子の元ネタはサクラ大戦のロベリア?

サクラ大戦に登場するロベリア・カルリーニというキャラクターなのですが、夜になると「サフィール」という名前で「ラ・ボヘミエンヌ」という踊るようです。

サフィールという名前だけでなく、踊り子という共通点もあるんですよね。

もしかすると、車両の名前を命名したのはサクラ大戦が好きな方なのかもしれませんね。

まとめ

今回は、JR東日本の観光特急列車「サフィール踊り子」について書いてみました。

名前の元ネタがサクラ大戦というウワサは本当でしたね。

おそらく、命名した方はサクラ大戦が好きな方なのかもしれません。

広告