【動画】菊池雄星の松ヤニ疑惑で反則?ボールに使うとどうなる?

マリナーズの菊池雄星選手がアメリカで持ち上がったある疑惑で炎上しています。

疑惑とは、菊池雄星選手が使用している帽子のツバに松ヤニらしきものが付いていたとのことです。

果たして、松ヤニをボールに使うとどうなるのでしょうか

この記事では、菊池雄星選手の松ヤニ疑惑について紹介します

広告

【動画】菊池雄星選手の松ヤニ疑惑とは?

2019年5月8日(日本時間で9日)におこなれたニューヨーク・ヤンキース対シアトル・マリナーズ試合である疑惑が持ち上がっていました。

菊池雄星の帽子に松ヤニが塗られているのではということで、Twitterに動画がアップされていました

こちらが、松ヤニ疑惑が指摘された動画になります

菊池雄星選手の帽子のツバの左側を見ると、茶色い毛のようなものが見えていると思います

投球前に、左の親指に塗っているように思えます

この行動を見て、Twitterでは、松ヤニ(Pine Tar)ではないかと指摘されていました

松ヤニについては、野球の試合で使用された場合に出場停止処分となるため、ルール上では明確に禁じられています

アマチュア戦でも見つけ次第、必ず警告が与えられ退場となる場合もありますね

では、松ヤニを使用するとどうなるどのような効果があるのでしょうか

広告

松ヤニをボールに使うとどうなる?

ボールに異物をつけたり、加工したりして投球した場合は不正投球ということになります

松ヤニとは、天然樹脂の一種で粘りけのある液体でガラス状の黄褐色をしています

こちらが松ヤニの画像になります

ワックスというか、ちょっと濃い目のハチミツのような感じですよね

松ヤニが塗られたボールは、指によくひっかかるようになり変化球のキレやコントロールもアップします。

ナックルボールなどは、不規則な変化が起きバッターからしたら打ちにくい球となってしまいます

松ヤニの購入はこちら

広告

過去に松ヤニを使用した選手

2014年4月23日に、ヤンキースのマイケル・ピネダ選手が松ヤニを使用し退場と10試合の出場停止処分を受けました

ピネダ選手は、松ヤニを右耳の下に塗っていたようで縦3cm×横6cmと広範囲で塗られていたため、あからさまであると指摘され発覚しました。

こちらが当時のピネダ選手の画像です。

誰が見てもわかりやす過ぎますよね。

どうやら、メジャーではこっそりと使われているという疑惑がありうまく隠して使用されているのではと疑いがあるようです。

菊池雄星選手やピネダ選手のようにあからさまにおかしい場合は見つかるのでしょうが、他の選手が使っていないという証拠が上がっていないだけで使用されているのかもしれませんね。

松ヤニを使用しなくても、メジャーまで上り詰めた実力があるのに使いたくなったのも周りのメンバーや相手選手や使っていたからかもしれませんね。

まとめ

今回は、菊池雄星選手の松ヤニ疑惑について書いてみました。

過去にもメジャーリーグで松ヤニを使って処分された選手もいました。

ボールに変化がかかりやすいのであれば、試合の展開も優勢になるのでしょうが反則は反則ですよね。

実力がある選手だと思うので、技術を磨いて再スタートしてほしいですね。

広告