高田純次の事故の相手はプロの当たり屋?5時間の話合いが不自然?

タレントの高田純次さんがが首都高で交通事故を起こしていたと報道されていました。

相手の方は、全治2週間と診断されたようですがあやしい点が複数ありプロの当たり屋ではないかと話題となっていました

この記事では、高田純次さんの事故について紹介しますね。

広告

【動画】高田純次が首都高で交通事故が週刊文春で報じられる

2019年4月14日に高田純次さんが首都高速道路で交通事故を起こし、22歳の男性が怪我を負ったと週刊文春で報じられました

高田純次さんの運転するポルシェが左から合流し本線に移動したところで、相手の車の左後部ぶつかったようですがそのまま逃走したとのことでした。

事件について想像すると以下のような状況だったのではないでしょうか

※黒が高田純次の車で、赤が相手の車です

週刊文春では以下のような内容で記事が書かれていましたね

事故が起きたのは4月14日。被害者のAさんが、事故の状況を説明する。

「左から合流してきたポルシェが、本線を走っていた僕の車の左後部にぶつかりました。『ゴツン』という衝撃が走ったのですが、ポルシェはそのまま僕の車を追い抜いていった。その後、前を走る車を縫うように追い越しながら逃げていきました」

 約15分後、首都高から降りたところで、高田は車を降り、Aさんと応対。高田は当初、「(Aさんの車に)当たってませんよ」と話していたが、そのうち「今20万持ってます」と、“示談交渉”を持ちかけた。Aさんは拒否し、話し合いを続けることになったが、高田本人と連絡が取れなくなり、弁護士を立てたという。

 事故後、Aさんは医師から「頸椎と腰椎の捻挫」と「全身打撲傷」で、全治2週間を要する見込みと診断された。

 高田は、小誌の取材に対し、「当たった認識はなかった」と「当て逃げ」を否定。その上で、事故を起こしたことは認め、「もちろん僕のほうに非はあるんでしょうけどね、それを私のほうで(治療費は)全部持ちます、ということを保険の方には色々話しましたけどね」と説明した。

引用元:文春オンライン

高田純次の事故の相手はプロの当たり屋?

週刊文春の記事を拝見すると高田純次は、10年間で3回目の交通事故を起こしていることがわかります

年齢も72歳とのことですし、高齢ドライバーの事故も多いことから運転能力が低くなっての事故なのかと思ってしまいますね。

事故を起こした後に、逃走しているようにも思えますし、何よりも20万円でナッシングと示談をしていることを考えると警察に連絡せず隠蔽していてひどい対応だなあと感じてしまいます

ところが、この事件で不可解な点が複数あるとのことで話題になっていました

高田純次の事故で不可解な点
  • 警察に電話しなかったこと
  • 保険屋に電話しなかったこと
  • 高額な示談金(20万円から100万円になってる)
  • コツンとぶつかっただけなのに全治2週間
  • 全治2週間なのに15分も追いかけ回せた
  • 週刊誌に録音データを売る

以上の点を踏まえてみると、文春で報じられた音声データも都合のいいところだけ報じられているように思えます

コツンとぶつかっただけで大けがしているのに15分も追いかけ回せたのは不思議ですし、すぐに警察に電話しなかったことや保険屋に電話しなかったのもおかしいですね。

20万円など払わずに保険屋を通した方がお金がかからなかったと思います

芸能人であるから、メディアに交通事故が発生したことが報じられるのも嫌だったからなのかもしれませんが、示談の話合いに5時間もかかったという点もどこか怪しいかもしれません

広告

示談交渉に5時間の話合いが不自然?

文春では、ただ単に示談交渉とだけしか報じられていません

ここで気になるのは、高田純次が示談を持ちかけたように報じられている点ですね。

音声だけを聞くと高田純次さんが20万円で事故がなかったことにしたいとなっていますが、果たして本当にそうなのでしょうか

相手とのやりとりがあったはずなのに、高田純次の音声しか報じられていませんよね。

ポルシェに乗っている人=お金持ち

というイメージですし、高田純次さんが狙われたということなのかもしれませんよね

例えば、相手からこんなことを言われていたとしたらどうでしょう

示談交渉のやりとり予想
  • 相手「事故がなかったことにしてやるけど、今いくら持ってる?」
  • 高田純次「今20万円持ってます、これでナッシングで」

こんな感じのやりとりで脅されていたとすれば、相手がプロの当たり屋ということになるのではないでしょうか

また、文春の動画の冒頭でこんなことを高田純次が語っています

今のこの流れの中でもう目いっぱい出して100万ですよ

僕が、いま出せるのは誰にも知られないで

この言葉を見て思うのは、当初20万円だったのがかなり釣り上がっていますよね

この時点で保険屋に電話した方が金銭面で得ではないでしょうか

なのにこのやりとりをする必要があっとというのは、5時間かけて値段を釣り上げられたということなのかもしれません

決して高田純次を擁護(ようご)するというわけではないのですが、この事件でおかしい点や明かされていない情報がありすぎですよね。

高田純次が悪いのか、相手が当たり屋なのかは判断が難しい事件だと思いますが、続報などで明らかになるのではないでしょうか

話題となっていた情報を見ていくとやはり、高田純次本人でななく相手の方にも注目が集まっているようでした

広告

高田純次の事故に対する世間の反応

まとめ

今回は、高田純次の交通事故について書いてみました

この事件では、明らかになっていない情報も多く高田純次が悪いように報道されていますが視点を変えてみると相手にも何か不可解な点もたくさんあると思います

事件については、続報なども報じられると思いますし注目ですね

広告