【動画】湘南VS浦和の試合で誤審が起きた理由?副審や主審は誰?

2019年5月17日に行われた湘南ベルマーレ対浦和レッズの試合で前代未聞の誤審判定が発生しました。

浦和が2点リードしている場面で、湘南の杉岡選手のシュートがノーゴールと判定されてしまいました

シュートした動画を確認したところ、明らかにゴールに入っているんですよね

果たして、誤審が起きた理由はなんなのでしょうか

また、ゴール判定をした副審や主審は誰なのでしょうか

この記事では、湘南対浦和の試合で誤審が起きた理由について紹介します。

広告

【動画】湘南VS浦和の試合で誤審

2019年5月17日に行われた湘南ベルマーレ対浦和レッズの試合で誤審が発生しました

誤審が起きた状況としては、【浦和2×0湘南】という湘南が2点を追いかける場面でした

湘南のMF杉岡選手が前半31分にシュートを決め、ゴールポストに跳ね返りながらもゴールに吸い込まれていきました

しかし、判定はノーゴールとなってしまいましたね

サッカー初心者でも、ゴールラインを越えたら得点になることぐらいの知識はあると思いますが、公式の試合でまさかこんな判定が発生してしまうとは驚きました

こちらが、浦和対湘南で誤審が発生した試合の動画になります

湘南VS浦和の試合で誤審が起きた理由

なぜ、誤審が発生してしまったのでしょうか

問題となったシーンについて分析して見たのですが、おそらく主審と副審の位置的に判定が難しかったからかもしれませんね

こちらに画像で解説したものを用意してみました。

この判定については、湘南の監督も納得がいかずに講義をしたのですが判定が変わることがなかったようです。

選手が混み入っていたり、副審からの死角であったりボールスピードが早かったりすると判定が難しいですし、主審の位置からも見えづらいということなのでしょう

現在は、GLT(ゴールラインテクノロジー)というハイスピードカメラとボールにチップを埋め込む方法で判定が行われているのですが、Jリーグでは採用されていないことも問題のひとつなのかもしれません

しかし、誰が見ても明らかにおかしいということは審判にそもそも原因があるということなのかもしれませんね

果たして、今回の判定に関わった審判(主審と副審)は誰なのでしょうか

広告

湘南対浦和の試合で副審や主審は誰?

今回の試合で審判を行った方は以下の通りです

湘南対浦和で審判を担当したメンバー
  • 主審:山本雄大
  • 副審:中野卓、川崎秋仁
  • 四審:熊谷幸剛

この中で、問題の判定に関わったのが主審の山本雄大さん副審の川崎秋仁さんになります

ノーゴール判定が行われた直後に梅崎選手や大野選手も抗議したのですが、判定の変更がなかったようですね

最終的に湘南が試合に3-2で勝利することができたようです。

ただ、もし誤審の判定が正しく判定していたら選手にとってはかなり気持ち的に楽だったと思います。

選手にとっては大事な試合の一つだと思いますし、審判内でも相談や話合いなどもしてほしいですね。

広告

湘南対浦和の誤審に関する世間の見解反応まとめ

まとめ

今回は、浦和レッズと湘南ベルマーレの試合の誤審について書いてみました。

誰が見ても誤審であることがわかりますよね。

結果、誤審判定を受けた湘南が勝利したものの後味の悪い結果となってしまいました

審判の能力向上だけでなくGLTの導入も今後の課題となりそうですね

広告