【小嶺麗奈の入手元】六本木ルートのサパークラブとはどんなところ?

元KAT-TUNの田口淳之介容疑者と小嶺麗奈容疑者が薬物取締法違反で逮捕されましたね。

問題となった入手元については、小嶺麗奈容疑者が10年以上前から通っていて六本木ルートでサパークラブからなのだとわかりました。

果たして、このサパークラブとはどんな場所なのでしょうか。

この記事では、小嶺麗奈容疑者の入手元であるサパークラブについて紹介します。

広告

小嶺麗奈の入手元は六本木のサパークラブ?

2019年5月23日に報道によると、田口淳之介容疑者と小嶺麗奈容疑者の大麻の入手ルートが明らかになりました。

入手ルートとしては、六本木にあるサパークラブで大麻パーティがきっかけではないかと言われていますね。

このクラブに参加した芸能関係者は、複数人逮捕されているとのことで10年以上も出入りをしていた小嶺麗奈容疑者にもマークが掛かっていたようでした。

田口淳之介容疑者とは2007年頃から交際が報じられていたということなので、交際の前後関係の判断は難しいところですね。

田口容疑者と出会ってから出入りしていたというよりは、交際前からこのクラブで夜遊びを頻繁に通っていたのでしょう。

ニュースには以下のように報道されています。

今回の逮捕劇はピエール瀧被告と同様、しっかりした内偵捜査のたまものだった。逮捕の端緒となったのは小嶺容疑者。

07年に田口容疑者と交際を始める以前、元恋人の元俳優が経営する東京・六本木のサパークラブでの大麻パーティーをきっかけに複数の芸能関係者が逮捕された。

当時、そのサパークラブに頻繁に出入りしていたのが小嶺容疑者。同部はこの“六本木ルート”に注目し、小嶺容疑者を10年以上マークしていた。

引用元:スポニチ

どうやら元彼で元俳優の方がこのクラブを経営していたようです。

この元俳優でサパークラブの経営者に関する情報については、詳しいことが報道されていません。

そもそも、サパークラブとはどんなクラブなのでしょうか

広告

【小嶺麗奈の入手元】六本木ルートのサパークラブとはどんなところ?

サパークラブとは、男性版のキャバクラみたいな場所であることがわかりました

メンズクラブやボーイズクラブとも呼ばれており、男性店員が接客をしてくれる場所のようですね。

それじゃあ、ホストクラブみたいなものなのかと思ったのですが

男女同伴で食事ができる高級クラブということでもあるようですね。

つまりは、男性が接客して男性客も女性客もいる高級なお店ということであることがわかりました。

このサパークラブに出入りしているのは、女優やモデルなどの芸能関係者が多く、実業家やカメラマン、アシスタントなどいるようですね。

六本木だけでなく西麻布にも店舗があるらしく、大麻パーティが常態化していることが問題となっているようです。

広告

サパークラブの実態は?

実は、サパークラブで過去に逮捕された芸能関係の方がいることが判明しました。

女優の高部あい容疑者が2015年にコカイン所持の疑いで逮捕されていました。

こちらが当時報道された内容です。

アイドルで女優の高部あい容疑者(27)が都内の自宅マンションでコカインを所持していたとして、麻薬取締法違反(所持)の疑いで逮捕。

…中略…

六本木、西麻布界隈にあるサパークラブには、女優、モデルが関係者と立ち寄ることが多いのですが、そうしたお店の一部はオーナーとプッシャー(売人)が繋がっていて、要望があればすぐ店に持って来れるシステムになっています。

たとえば某モデルと不動産社長が飲みに来て、社長が『今日は、あるの?』と聞きます。『ちょっと聞いてみますね~』とオーナーがフランクに対応して、その日の客の入りによってですが、すぐにクローズドの状態にしてパーティの始まりです。結局、店のオーナーが一番好き者なんですよね」

引用元:日刊SPA

見た目が清楚でクリーンなイメージの方でも、芸能界にかなり広まっている可能性もあるということになりますね。

まとめ

今回は、小嶺麗奈容疑者の入手元について書いてみました。

サパークラブという場所で入手したのではないかと言われていますね。

過去にも芸能人が逮捕されたことを考えると可能性として高いと思いました。

取調べ中とのことでこれから出てくる続報にも注目ですね。

広告