【特殊災害?】三ノ宮で救急車が集まっている理由は飲食店でスプレー?

2019年5月29日の午後10:30に兵庫県神戸市にある三ノ宮駅付近に消防や救急車が集まっていることが話題になっていました。

特殊災害といわれていますが、果たして何が起こったのでしょうか。

この記事では、三ノ宮駅付近で救急車が集まっている理由について紹介します。

広告

【画像】三ノ宮で消防救急が集結?

2019年5月29日の午後10:30頃に、三ノ宮駅付近で大量の救急車が集まってきているということが話題になっていました。

こちらが現場の状況になります

現地の方の説明によれば、「特殊災害」と言われていることが判明しました。

飲食店が集まるこの場所で何が起こったのでしょうか。

広告

三ノ宮の現場はどこ?

今回救急車が集まっているビルについては、三宮駅付近との情報がありました。

どうやらこのビルに集まっているとの情報がありました。

フラワーロードと呼ばれる場所に集まっているようです。

【特殊災害?】三ノ宮で救急車が集まっている理由は飲食店でスプレー?

特殊災害とは、ガスやテロなどの自然災害ではない災害のことを示します。

今回の場合は、「特殊災害」としか公表されていませんでしたね。

実は、この件に関して以下のような報道が朝日新聞によって報告されています。

こちらが、朝日新聞の報道になります。

神戸市消防局によると、29日午後10時20分ごろ、神戸市中央区加納町4丁目の商業ビル付近で約20人がのどの痛みを訴えているという情報が入った。

直前にスプレーのようなものをまいた人がいるとの情報もあり、救急車など22台が出動したが、午後11時現在、病院に搬送された人はいないという。

引用元:朝日新聞

どうやら、飲食店でお客さんがスプレーを噴射し20人の方が喉の痛みを訴えているようです。

スプレーの中身については、詳しい情報が出ていないのですが喉の痛みが出ているとなれば近づかない方がいいか思います

この手の事件については、人が集まってしまうことで自体の解決が進まないことも予想されますし、近くにいる方は早めに離れていたほうが懸命であると思います

あまりにも多すぎますし、危険なのが見てわかります

まとめ

今回は、三ノ宮で救急車が集まっている事件について書いてみました。

どうやら、飲食店でスプレーをまいた方がいたということがわかりましたね。

ただ、詳細情報はまだ出ていませんし、続報に注目したいと思います

広告