【熊澤英一郎】ドラクエのザオラル祭りとは?ザオリクを使わない理由

元事務次官の息子の事件について話題になっていました。

息子さんは、熊澤英一郎さんという名前でネットゲーム界でかなり有名なプレイヤーであったことも明らかになりました。

ネットゲーム界では、亡くなった英一郎さんに対してザオラル祭りということが話題になっていました。

ザオラルとは、ドラクエの復活呪文なのですが類似の呪文であるザオリクが使われない理由もあるようです。

この記事では、熊澤英一郎のザオラル祭りやザオリクが使われない理由についても紹介します。

広告

【熊澤英一郎】ドラクエのザオラル祭りとは?

2019年6月1日に元農水事務次官が長男(44歳)を包丁で刺したニュースが報じられました。

農林水産省の元事務次官が同居している44歳の長男を包丁で刺したとして逮捕された事件で、死亡した長男は布団の上で胸などを複数回刺されていたことが分かりました。

 この事件は1日午後、東京・練馬区の住宅で、この家に住む農林水産省の元事務次官、熊沢英昭容疑者(76)が同居している長男で無職の英一郎さん(44)を包丁で刺して殺害しようとしたとして現行犯逮捕されたものです。

引用元:Yahooニュース

亡くなった息子さんは、熊澤英一郎という方でネットゲーム界で有名なプレイヤーであったことも明らかになっています。

ネットゲームでは、ドラクエ10のプレイヤーで「ステラ」という名前で活動していることが本人のTwitter「ドラクエ10ステラ神DQX(熊澤英一郎)」からわかりました。

こちらが、熊澤英一郎さんのTwitterになります。

この情報から、ドラクエ10をプレイしている方達が「ザオラル祭り」という現象が起こってるようです。

ザオラルとは、ドラクエシリーズに登場する蘇生(そせい)魔法のことです。

英一郎さんが亡くなったということから、ドラクエ内で英一郎さんが使っていたキャラクターに呪文をかけて話題になったということですね。

広告

【画像】ザオラル祭り

こちらが、実際にザオラル祭りが行われている様子です。

亡くなった時もどうやらドラクエにログインした状態だったようで、ニュースなどで知った方が集まったのでしょうね。

【熊澤英一郎】ザオリクを使わない理由

ドラクエシリーズには、蘇生呪文としてザオリクザオラルの2つが存在します

今回の事件で話題になっていたのが「ザオラル祭り」だったのですが、なぜ「ザオリク祭り」ではないのでしょうか

まずは、ザオリクとザオラルの違いについて紹介します。

ザオラルとは
  • 消費MP:8
  • 詠唱時間:3秒
  • 蘇生確率:75%~100%
  • 蘇生後の回復量:回復魔力で決まる
  • 条件:僧侶や多数の職で使える
ザオリクとは
  • 消費MP:15
  • 詠唱時間:3.5秒
  • 蘇生確率:100%
  • 蘇生後の回復量:大
  • 条件:賢者しか使えない

つまり、条件などを見てみるとザオリクの方が確実に蘇生できるが消費MPや使える人が限られているということがわかりますね。

また、こちらのTwitterで詳しく説明されていたので紹介します。

今回「ザオリク祭り」ではなく「ザオラル祭り」になったのは、理由として複数考えられますね。

「ザオリク祭り」ではなく「ザオラル祭り」になった理由
  • 1つ目は、蘇生確率が100%ではないという絶妙な条件
  • 2つ目は、消費MPの問題
  • 3つ目は、使えるキャラクターの問題

また、ドラクエのシナリオの中で勇者姫アンルシアというキャラクターが何度もザオラルを掛けるけど復活しないという名シーンがあるとの情報もありました。

【動画】ザオラルの名シーン

こちらが、その名シーンの動画になります

タイトルでは、ザオリクとなっていますがザオリクなのかザオラルなのかははっきりしていません

主人公が復活しないという描写であるなら、ザオラルの可能性の方が高いかもしれませんね。

【熊澤英一郎】ザオリク祭りに対する世間の反応

まとめ

今回は、熊澤英一郎さんのザオラル祭りについて紹介しました。

ザオリクではなくザオラルが選ばれたのも100%の確率ではないということで選ばれたということがわかりましたね。

広告