【画像】三重県の正論おじさんの顔は?被害にあった商店街の場所は?

三重県の松坂市に現れた正論おじさんが話題になっています。

確かに正しいことを話していますが、男性の行動について営業妨害でやりすぎという声が上がっています。

この記事では、三重県の正論おじさんの顔や被害にあった商店街の場所について紹介します。

広告

三重県の正論おじさんがやりすぎで営業妨害?

2019年6月11日に三重県の松坂市の商店街に正論おじさんが現れたということが話題になっていました。

正論おじさんは、89歳で旧満州生まれの方で商店街の歩道と私有地に対して過剰な注意をしていることで報道されていました。

こちらが、報道された内容の動画です。

このことがきっかけとなり、商店街に並ぶお店の売上は3割も減少してしまいお店自体も営業できないと問題になっていました。

正論おじさんの行動
  • 歩道にはみ出した看板やのぼりを勝手に撤去する
  • 看板を壊す
  • のぼりを勝手に切る
  • 商品を投げる

これらの行動は、器物損害であったり営業妨害などの罪に問われる可能性もあります。

ただ、現状では行政処分が難しいらしいようです

お客さんの立場からしても、このおじさんが商店街にいるかぎりお店に来店しようとは思わないですよね。

正論おじさんの言い分としては以下のようなことを話しています

正論おじさんの言い分
  • 点字ブロックの上に看板などを置いてはいけない
  • 歩道にものがあると高齢者には危険
  • 日本を背負ってきたお年寄りを尊敬するべきだ

確かに、正論おじさんの言い分も全く見当違いではないですが、そのために商店街のお店が犠牲になるなんてやりすぎかもしれませんね

ただし、動画で登場していたお弁当屋さんは、以前から警察に指導を数回受けているという情報もあります。

動画を見る限りでは、正論おじさんがだけが悪いように報道されていることに関してはもう少し見方を変える必要もあるかもしれません。

実際に視覚障害者の立場であれば、点字ブロック付近にものあることで危険な通路ではあると思います。

店とおじさんだけの問題というよりは、通路を歩きやすいように整備するべきではないかという見方もできるかもしれませんね。

広告

正論おじさんの被害にあった商店街の場所は?

この正論おじさんが出没する場所については、三重県松阪市の松坂駅前ベルタウンであることがわかりました。

正論おじさんの行動によって店もイメージダウンを食らってしまい、シャッターが降りてしまうお店も多くなってしまうかもしれません。

Googleマップでこの商店街を見てみると、やはりシャッターが降りているお店も何店舗かあることがわかります。

これはかなりの問題ですし、市の問題として慎重に解決する必要があるのではないでしょうか

【画像】三重県の正論おじさんの顔は?

報道では、モザイクが掛けられた画像で紹介されていました

この正論おじさんについては、すでに顔写真がネットで広まっておりました。

着用している服などが同じであることから、この方が正論おじさんではないかと言われていますね。

正論おじさんに対する世間の反応

まとめ

今回は、正論おじさんが出没する場所や顔写真について紹介しました。

正しいことを話していますが、正論を武器に何でもやりたい放題ではいけないと思いました。

お互いに話し合って解決していくべきですが、一方的な意見でやっていいことなのか疑問に感じますし早く解決することを願うばかりですね。

広告