【動画】大谷翔平のサイクルヒットがすごい理由!歴代投手で達成者は?

エンゼルスの大谷翔平選手が日本選手で初のサイクルヒットを達成したことが話題になっていました。

実は、日本人初ということ以外にもこのサイクルヒットがすごいと言われる理由があるようです。

この記事では、大谷翔平選手のサイクルヒットの動画やなぜすごいと言われているか理由について紹介します。

広告

サイクルヒットとは?過去の達成者一覧

サイクルヒットとは、野球やソフトボールなどで1試合に1人の打者が、単打、二塁打、三塁打、本塁打をそれぞれ1本以上打った際に達成する記録です。

一巡安打(いちじゅんあんだ)とも言われるようです。

サイクルヒットを達成した選手は、以下のサイトに掲載されています。

サイクル安打達成者一覧はこちら

【動画】大谷翔平のサイクルヒット

2019年6月13日に行われたエンゼルス対レイズ戦で大谷翔平さんが自身初となるサイクルヒットを達成したことが話題になっています。

エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、敵地レイズ戦で自身初となるサイクル安打を達成した。

引用元:Yahooニュース

調査してみると以下の順番でサイクルヒットを達成されたことがわかりました。

大谷翔平のサイクルヒット
  • 1打席目:三8号3ラン
  • 2打席目:左中間への二塁打
  • 3打席目:右翼線への三塁打
  • 4打席目:中前へ一塁打

こちらが、大谷翔平さんのサイクルヒットの動画になります。

広告

【動画】大谷翔平のサイクルヒット達成映像

大谷翔平のサイクルヒットがすごい理由は!歴代投手で達成者は?

イチロー選手や松井選手も達成していそうな印象があったのですが、日本人で初ということで、かなりの偉業であることがわかります。

これ以外にも実は、大谷翔平選手のサイクルヒットがすごい理由があります。

投手で、サイクルヒットを達成した選手は過去に存在しないからです。

これまでに投手で達成にリーチを掛けていた記録がなんと32例もあったそうで1987年にダニー・ダーウィン選手が本塁打のみ打てなかった記録で終わっています。

この記事によると、これまで投手がサイクルヒットを達成したことはなく、従ってサイクルヒットとノーヒットノーランを両方達成した投手は、まだ出ていないとのことである。

更に記事では、「これまで投手が同じ試合で単打、二塁打、本塁打を打ったケースは44例あり、うち4例はドン・ニューカム(1962年には中日にも在籍)によるものであり、2009年のランディ・ウルフが最後のケースとなっている。

また、投手が本塁打のみ打てなかったのは過去に32例あり、これは1987年のダニー・ダーウィンが最後となっている」としている。

引用元:JSPORTSコラム&ニュース

ということは、投手でサイクルヒットを達成するというのはこれまでありえないことだったようですし、ダニー選手の記録から32年ぶりに起きた奇跡ということでしょうね。

広告

大谷翔平のサイクルヒットに対する世間の反応

まとめ

今回は、大谷翔平選手のサイクルヒットについて書いてみました。

日本人では達成した方がいなかったことだけでなく、投手としては始めてということからすごいと言われているようです。

かなりの偉業であることがわかりましたし、尊敬してしまいますね。

広告