【飯森裕次郎】無罪判決の可能性とは?精神障害2級ってどんな病気?

大阪府吹田市で警察官を刺した飯森裕次郎容疑者が逮捕されました。

飯森容疑者については、無罪判決の可能性が高いのではというウワサがありましたんが、なぜなのでしょうか。

この記事では、飯森裕次郎容疑者が無罪判決の可能性が高い理由について紹介します。

広告

吹田交番襲撃事件とは?

2019年6月16日午前5時40分に、大阪府吹田市の交番で古瀬鈴之祐(こせすずのすけ)巡査が刺され、拳銃が奪われる事件が発生しました。

事件は、翌日の17日に東京都品川に住む飯森裕次郎容疑者を箕面市(みのおし)の山中で寝ているところを発見し逮捕されました。

また、飯森容疑者については精神疾患があり2018年11月まで都内のゴルフ場で障害者雇用の枠で清掃のアルバイトをされていたということがわかりました。

飯森容疑者が勤務していた東京都内のゴルフ練習場の広報担当者が17日午前、報道陣の取材に応じました。
それによりますと飯森容疑者は去年11月にアルバイト従業員に応募して面接を受け、障害者雇用の枠で採用されたということです。
そして週5日程度、主にゴルフ練習場の清掃の仕事をしていたということで、無断欠勤や大きなトラブルはなかったということです。

引用元:NHK WEB

飯森容疑者は、事件について「私のやったことではありません。私が思うのは病気がひどくなったせいです。周りの人がひどくなったせいです」と否認しているとのことですね。

どうやら、2級の精神障害者保健福祉手帳を持っていたことが明らかになりました。

警察によりますと、飯森容疑者は調べに対して「私のやったことではありません。私が思うのは病気がひどくなったせいです。周りの人がひどくなったせいです」と供述し、容疑を否認しているということです。

警察によりますと、飯森容疑者は2級の精神障害者保健福祉手帳を持っているということです。

引用元:NHK WEB

どうやら、この精神障害2級所持ということが無罪判決の可能性があるというウワサがあります。

広告

【飯森裕次郎】無罪判決の可能性とは?精神障害2級ってどんな病気?

精神障害2級があることが無罪判決の可能性があるというウワサがありました。

精神障害2級について調べてみると以下のような情報がありました。

精神障害2級とは

神障害であって、日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度

つまり2級は、なんとか自分で生活できるレベルですが何年も続くと自分で生活が困難になることもあるようです。

総合失調症で人格変化や思考障害、幻想や幻覚などの体験があり、ストレスが生じた場合に対処が困難となるようですね。

ということは、飯森容疑者が言うように何かストレスが大きくなったことで不安や被害妄想などからこのような事件を起こしたということなのでしょう。

今回の事件は、殺人未遂であるのですが無罪判決の可能性があるとされています。

刑法第39条に以下のように記載されていました。

(心神喪失及び心神耗弱)

第39条

心神喪失者の行為は、罰しない。

心神耗弱者の行為は、その刑を減軽する。

引用元:刑法第39条

心神喪失者の責任能力に対する刑法で、責任無能力者についての行為に犯罪が成立しないというものでした。

この事件についても、もしかすると無罪までとはいかないですが刑も減刑される可能性があるようですね。

詳しい報道はこれからだと思いますが、このことに対して弟さんと名乗る方が動画を出していました。

飯森容疑者についての世間の反応

まとめ

今回は、大阪府吹田市の事件について紹介しました。

犯人である飯森裕次郎容疑者は逮捕されましたが、無罪判決の可能性があることもわかりましたね。

これから、どんな供述や報道がされるのかに注目されていきそうですね。

広告