【お見合い大作戦】タピオカを知らない斎藤祐介君が想像が面白い!

お見合い大作戦の沖縄編が放送されました。

中でも独特のキャクターであったタピオカを知らない男子、斎藤祐介君が面白かったですね。

この記事では、タピオカを知らない斎藤祐介君について紹介します。

広告

【お見合い大作戦】タピオカを知らない斎藤祐介君が面白い!

2019年6月17日に放送されたお見合い大作戦が面白いですよね。

イケメンや美女が揃う中で、タピオカを知らない男子が話題になっていました。

斎藤祐介君という恋愛経験ゼロの21歳の群馬県出身の男性なのですが、面白かったですよね。

本命として選んでいたのが、タピオカ販売員の中道さんという方でしたが、タピオカについて知らない斎藤くんはかなり質問攻めにしていました。

斎藤くんが想像していたタピオカのイメージが面白い

タピオカについて中道さんから説明されたのは、キャッサバと呼ばれる芋が使われている飲み物とということでした。

ですが、タピオカを知らない斎藤くんは、芋をすりつぶした黄色いジュースという風にイメージしていましたね。

まさか、タピオカが黒い丸い甘い物だとは知らない斎藤くんは、塩をかけて食べるものという概念で中道さんをちょっと困らせていましたね。

今や、ネットで調べればわかりそうなものですが、きっと自衛隊だからスマホなどで調べることができないのかもしれません。

それにしても積極的にタピオカについて聞いていたのはかなりプラスだったのかもしれません。

広告

斎藤祐介君の告白は誰にした?

斎藤祐介君が告白した女性は、中道さんではありませんでした。

実は、フリータイムでツーショットになっていた石井紡(いしいつむぎ)さんという方を選んでいました。

あそこまで中道さんにいっていたのに、最後にキラキラした目で空を見上げていた斎藤君が面白すぎましたね。

まとめ

今回は、お見合い大作戦のタピオカを知らない斎藤君について書いてみました。

不器用ながら積極的に女性に話しかけていたのが恋愛経験がない初々しさを感じましたね。

中道さんではない方に行きましたがこれから、幸せになってほしいですね。

広告