【動画】パキスタンの猫耳大臣って誰?撮影ミスの原因やアプリは何?

パキスタンの大臣の会見生中継でかわいい撮影ミスが起こりました。

撮影されたのは、猫耳になるアプリが使用されてしまい猫耳大臣とし話題になっているようですね。

なぜ、撮影ミスが起こってしまったのでしょうか。

この記事では、パキスタンの猫耳大臣の名前や撮影ミスの原因について紹介します。

広告

【動画】パキスタンの猫耳大臣って誰?

2019年6月14日の夜にパキスタンで行われた生中継が話題となっていました。

中継で映し出されたのは、猫耳アプリで撮影された大臣なのですが思いの外拡散されてしまったようで18日のYahooトレンド入りも果たしていましたね。

話題となった動画はこちらになります。

ネット上では、猫耳大臣と言われているこの方はカイバル・パクトゥンクワ州政府のシャウカット・ユスフザイ情報相というそうです。

外国の大臣などは、名前が覚えられないですが「猫耳大臣」として世界に広まってしまいましたね。

これはこれで、かわいいのでいいかもしれません

どうしてこのような自体になってしまったのでしょうか。

広告

猫耳大臣の撮影ミスの原因は?

猫耳大臣の動画については、どうやら撮影者がスマホを使って撮影した際にFacebookライブで操作を誤ってしまったことが原因だと説明されていました。

記者会見を生中継するのに使われた携帯電話の「猫耳アプリ」が起動していたため、猫に扮したような姿がネット中継される珍事があった。州政府は「撮影者のミス」と釈明したが、動画は瞬く間にSNSで拡散。

引用元:朝日新聞

撮影者は誰なのかは明らかになっていませんが、普段から最新のスマホアプリを利用するような方を想像すると、20代から40代の方なのかなあと想像できます。

それにしても、撮影している間に猫耳フィルターを解除することだって出来たと思います

猫耳にすることができるアプリはたくさんありますが、今回話題となった猫耳フィルターのアプリとはなんなのでしょうか。

広告

猫耳大臣のアプリは何?

猫耳のフィルターを掛けられることで有名なアプリを以下にまとめてみました。

上記で紹介した以外にもフィルターをかけるアプリも存在すると思いますが、よく名前が上がるものを紹介させて頂きました。

おそらく、猫耳大臣の撮影に使われたのは、「MSQRD」というアプリではないかと言われています。

MSQRDは、2016年からFacebookライブで配信できるようになっていたことを考えると、会見中に誤った操作をする可能性が高いアプリなのかもしれませんね。

Facebookを利用する皆様に、さらに楽しくライブ動画をシェアしていただけるよう、2016年7月より順次、セルフィー動画アプリMSQRD(マスカレード)からFacebookにライブ動画を配信できるようになりました。

引用元:newsroom

猫耳大臣への世間の反応

まとめ

今回は、猫耳大臣について紹介しました。

堅苦しい会議ですが、猫フィルターを使うことで癒やされますよね。

広告