【闇営業】ザブングルが謹慎処分されない理由は事務所が違うから?

吉本興業のお笑い芸人が闇営業をしていたことで芸人11人が謹慎処分なりました。

題となったパーティーには、ザブングルも参加していたのですがなぜ謹慎処分されないのでしょうか。

この記事では、ザブングルが闇営業で謹慎処分されない理由について紹介します。

広告

闇営業で謹慎処分になる芸人11人は誰?

2019年6月24日に闇営業で詐欺グループとの間に問題があったことで芸人11人が謹慎処分となりました。

今回謹慎処分になるメンバーは以下の通りです。

謹慎処分の11人
  • 雨上がり決死隊の宮迫博之
  • ロンドンブーツ1号2号の田村亮
  • レイザーラモンHG
  • ガリットチュウ福島善成
  • くまだまさし
  • ザ・パンチのパンチ浜崎
  • 天津の木村卓寛
  • ムーディ勝山
  • 2700の常道啓史
  • 2700の八十島弘行
  • ストロベビーディエゴ

闇営業を仲介したとしてカラテカの入江さんは、吉本を解雇されました。

問題となったパーティに参加したメンバーも謝罪されていましたが、今回の報道で吉本側から謹慎処分するように命じられたようです。

事務所を通さずに仕事をする“闇営業”を詐欺グループとの間で行った問題で、吉本興業が雨上がり決死隊の宮迫博之(49)ら所属芸人11人を謹慎処分としたことが24日、わかった。

引用元:スポニチ

謹慎処分はいつまで?

今回の謹慎処分の期間については、わかっていません

ウワサでは、3ヶ月から半年で長くても1年ではないかと言われています。

本人たちにもどのくらいの期間なのかは伝えられていないようで、以下のようにコメントされていました。

どれぐらいの期間になるか分かりませんが、謹慎という期間を無駄にせず、皆さんのお役に立てる人間になれるよう精進したいと思います。改めて誠に申し訳ございませんでした。

引用元:宮迫博之の謝罪文

 

宮迫博之さんと言えば、アメトーークや炎の体育会TVなどのレギュラーだけでなくアベンジャーズやディズニー映画の声優をされていたりするので損害賠償もすごいことになるかもしれませんね。

謹慎処分される芸人がいる一方で、今回の騒動で謹慎を逃れたのがザブングルの2人です。

果たして、ザブングルが謹慎処分されない理由はなんなのでしょうか。

広告

ザブングルが謹慎処分されない理由は事務所が違うから?

今回処分されたのは吉本興業の芸人の11人です、このメンバー以外にもザブングルの2人もこのパーティーに参加していたのですよね。

こちらが、問題となったパーティでザブングルが参加している写真になります。

他のメンバーについては、所属事務所が吉本興業となっていました。

ただ、ザブングルの2人はワタナベエンターテインメントのため事務所が違うため謹慎処分されないということなのかもしれません。

事務所が違うため、発表がズレているだけなのかもしれませんね。

今回の騒動で参加していたのが吉本興業の芸人さんであるため、吉本興業の出方を見て判断をしたのでしょうね。

広告

【追記】6月25日にザブングルが謹慎処分された

6月24日にザブングルの松尾陽介さんと加藤歩さんが謹慎処分することがわかりました。

今回の報道で、闇営業に関わった芸人さんがぅべて謹慎処分となりましたね。

謹慎処分についての世間の反応

まとめ

今回は、闇営業で謹慎処分になった芸人さんについて書いてみました。

謹慎処分されたのは、11人のメンバーでしたね。

ザブングルは、ワタナベエンターテインメント所属の芸人であるため吉本興業の発表を受けたあとに対応するのでしょうね。

広告