【動画】堀口一史座七段は病気なの?入室シーンでハプニングとは?

2019年7月2日に行われた将棋の第78期名人戦順位戦で堀口一史座七段と藤井聡太七段の対局が行われました。

堀口一史座七段が入室した際にハプニングが起きたと話題になっていましたね。

この記事では、口一史座七段の入室でハプニングが起きた原因や動画などを紹介しますね。

広告

【動画】堀口一史座七段の入室シーンでハプニングとは?

2019年7月2日に行われた藤井聡太七段との対局で、堀口一史座(ほりぐちかずしざ)七段の入室シーンが話題となっていました。

日刊スポーツでも報道されており、アクションスターのようなポーズを決めていたということでした。

堀口が対局室の「水無瀬の間」に現れたのは対局開始予定時刻10時の直前となる午前9時57分。コンビニエンスストアの大きな紙袋にペットボトル、お菓子などを大量に入れ、現れた。

堀口は対局室に入って来ると、両手を広げ、アクションスターさながらのポーズを決め、さらに畳の上にわざと転げた。人為的な“ハプニング”の発生に藤井は厳しい表情を見せた。

引用元:日刊スポーツ

この登場シーンについては、動画が上がっていたのですがスタッフや審査員も騒然としていましたね。

ただ、対局相手である藤井聡太七段だけは毅然として集中されていたのが驚きでした。

何か精神的な病気なのかと思われているようだったので、調べてみると2013年頃に病気で休場していたことが明らかになりました。

広告

【動画】堀口一史座七段の入室シーン


堀口一史座七段は病気?

実は、堀口一史座七段は2013年くらいによく体調を崩されており、2013年10月に療養のため欠場し2014年6月に公式戦に復帰されています。

ただし、病名は公表されていません

おそらく、心の病であると思いますし体と精神のバランスを崩しているのだと思いました。

7月の真夏日であるのに、ダウンジャケットを着用しているのことについてもコントロールが出来ていないことがわかりますよね。

2017年や2018年に対局された際も「病気」や「無気力将棋説」ということで話題になっていたのですが、おそらく生活のために将棋を打つしかないのかもしれません。

2019年の成績を拝見したところ、7月2日時点で0勝5敗なのだそうです。

成績不審であることを考えると、病気を治すことに専念した方がいいとは思いました。

これ以上悪化してしまった際に、またこのようなハプニングが続くようであれば引退や除名なども視野に入ってくるかもしれませんね。

広告

堀口一史座七段の入室シーンに対する世間の反応

まとめ

今回は、堀口一史座七段の入室シーンについて紹介しました。

以前から病気で体調を崩すこともあったことがわかりました。

闘病でありながら対局を続けられていることに対しては、見ていて悲しくなりますね。

ただ、このままでは病気の悪化なども考えられますし、引退や除名なども視野に入ってくるのではないでしょうか。

広告