キャメロン・ボイスの病気は色素性乾皮症?そばかすが多くて気になる

ディズニーチャンネルで人気の「ディセンダント」などで知られているキャメロン・ボイスさんが亡くなったことが報じられました。

20歳という若さで亡くなったことや闘病中であったことも明らかになりましたね。

果たして、キャメロン・ボイスさんの病気とはなんだったのでしょうか。

この記事では、キャメロン・ボイスさんの病気について調査してみたのでまとめてみます。

広告

キャメロン・ボイスさんが亡くなった原因とは?

2019年7月6日にディズニーチャンネルスターのキャメロン・ボイスさんが亡くなったことが報じられていました。

報道では以下のように書かれています。

 ディズニー・チャンネル・スターであるキャメロン・ボイスが20歳の若さで急逝したことを、キャメロンの家族の代理人がメディアへの声明で明かした。米時間7月6日の土曜日に死亡が確認されたという。

 一家は声明にて、「今朝、キャメロンを失いました。治療中だった病気が原因の発作により睡眠中に亡くなりました。。

引用元:FRONT-ROW

亡くなった原因については、治療中で病気が原因で発作が起きてことのようです。

闘病中ということだけしか報じられていないことや、いつから治療していたのかが気になる所です。

キャメロン・ボイスさんのインスタグラムを拝見したところ6月30日にベッドで横になっている写真がアップされていました。

この投稿をInstagramで見る

🥳

Cameron Boyceさん(@thecameronboyce)がシェアした投稿 –

また6月27日には友人らしき方と外出している写真があることから6月27日から30日の間に何かが起きたのではないかと予想できます。

ベッドに横になっている写真がこれまでになかったところを見ると起きれない状態だったのかもしれません。

広告

キャメロン・ボイスさんのそばかすが多くて気になる

キャメロン・ボイスさんの特徴であるそばかすが多くて気になりますよね。

そばかすがかわいくてチャーミングだという反応があるのですが、メイクではなく生まれつきのものだということがわかりました。

幼い時の写真を見てみるとそのことが確認できます。

キャメロン・ボイスさんの病気は色素性乾皮症?

キャメロン・ボイスさんは、そばかすが多いということから色素性乾皮症(XP)の疑いがあると言わています。

顔だけでなく腕や耳にも広がっているところから、もしかするとこの色素性乾皮症(しきそせいかんぴしょう)の可能性が高いのではと言われています。

睡眠中に亡くなりました

という点があるのですが、実は色素性乾皮症の症状には肺炎や夜に無呼吸が発生する場合もあるようです。

神経症状を伴う型では、症状の程度にもよりますが、20歳くらいになると歩くのが難しくなり誤嚥などを起こすこともあり、そのために肺炎をひきおこしたりすることもありますので、胃ろうを作る事が多いです。夜,無呼吸発作が生じる事も有り、そのような場合には、命にかかわりますので、気管切開をします。

引用元:難病情報センター

報道では、闘病中とのことで病名が明らかになっていませんが症状や亡くなったのが睡眠中という点から色素性乾皮症が原因なのではないかと考えられますね。

広告

色素性乾皮症とは?

色素性乾皮症(しきそせいかんぴしょう)という病気は、日光によって引き起こされる遺伝子の傷を修復するしくみに障害なのだそうです。

皮膚にシミがたくさんできて、乾燥し皮膚ガンが生じる病気です。

日本でも2万2千人に1人の割合でいると考えられおり、全国に300~600名ほどいると推測されています。

残念ながら完全に治療法も確立されておらず、日光を避けるなどの予防策や皮膚ガンが発生した時の治療が中心となるようです。

広告

キャメロン・ボイスさんが亡くなったことに対する世間の反応

まとめ

今回は、キャメロン・ボイスさんの亡くなった原因や病気について調査してみました

病名は報じられていませんでしたが、状況などから判断するとおそらく色素性乾皮症が原因なのではないかと考えられますね。

ディズニー作品でもそばかすがかわいくてキュートだと言わてていただけに、信じられないという方も多くいました。

ご冥福をお祈りします

広告