2017年5月24日に行われた巨人対阪神戦で、鳥谷選手が顔面に死球を受けましたね。そのまま倒れ込んでいたのですが、立ち上がると大量の鼻血がやばかったです。
今回は、鳥谷選手について書いていきます。

広告

鳥谷敬のプロフィール

名前:鳥谷敬(とりたにたかし)
生年月日:1981年6月26日
所属:阪神タイガース
出身:東京都東村山市出身
大学:早稲田大学
ポジション:遊撃手、三塁手、二塁手
投球・打席:右投左打

小学生の頃に、小作台少年野球クラブという野球チームに所属しながら柔道も平行してやっていましたね。野球では、元々左利きだったのですが右利きに矯正されて小学生の途中まで右打ちだったようですが、当時の監督から「左で打った方がいい」というアドバイスを受けて左に転向したようです。

プロには、2003年のドラフト会議で自由獲得枠から阪神へ入団を果たしますね。ですが、あまり結果を出せずにスタメン外れになることが多くプロの舞台でプレーすることに苦しんだ時期もあったようです。

鳥谷敬の顔面デッドボール動画

鳥谷敬の顔面デッドボールは大丈夫なの

5回の阪神の攻撃で、巨人吉川光から右側頭部付近死球を受けましたね。吉川光選手は、危険球退場となったのですが、直球で投げたボールがスっぽ抜けて鳥谷選手の鼻付近に直撃して痛そうでしたね。鳥谷選手はそのまま、マウンドに倒れ込んでしまいます。

なんとか立ち上がると、大量に出血していることから一時球場内が騒然としていまいますね。

広告

鳥谷敬の鼻血がやばい!鼻の骨が折れた?

大量の鼻血が流れているので、おそらく鼻の骨が折れているのではないかと思います。自力でベンチに歩いていきましたが、いくらトレーニングしているとはいえ、顔面への痛みって想像するだけで激痛だと思いますね(T_T)


歩いて振動が鼻に伝わるだろうし、かなり我慢強いなあという印象を受けましたね。
ツイッターでは、「鳥谷大丈夫」タグが話題となっていますが、ヘルメットではいところなので心配される方が多いです。
いくらプロ同士の試合だからといって、危険がないとはわかってはいますが改めて野球の試合も危険が伴うリスクがあることを再認識できますし、鳥谷選手も復帰も祈りたいですね。

 

まとめ:鳥谷選手の顔面デッドボール

今回は、鳥谷選手の顔面デッドボールについて書いてみました。
あまり危険球を見ることがありませんでしたが、お互い全力でプレーしているわけですし、危険のレベルも高いなかで勝負しているのだとわかりましたね。
鳥谷選手の怪我が無事であることを祈っています。

広告