【画像】佐藤仁美の若い頃がかわいい!ライザップで激ヤセもすごい!

「おばちゃんキャラ」としてバラエティ番組などに多く出演されている佐藤仁美(さとうひとみ)さん。

ライザップのおかげで痩せてキレイになりましたが、実は若い頃の佐藤仁美さんもとてもキレイで話題でした。

この記事では、佐藤仁美さんの若い頃の写真をまとめてみますね。

広告

佐藤仁美さんの本業は女優

佐藤仁美さんのイメージとしては、ふっくらとしてサバサバしているような印象がありますよね。

バラエティ番組に出演する機会が多く、ドラマ以上に活躍されていますが「本業は女優」で幅広くキャラクターを演じることができるんですよね。

2011年に放送された松嶋菜々子さん主演のドラマ「家政婦のミタ」では教育ママの皆川真利子というモンスターペアレント役で意地悪な悪役を演じてからオファーが急増したそうです。

佐藤仁美さんは嫌われ役のような印象もありますが、デビュー当時は「イグアナの娘」で主演を支えるイイ人役を演じてかわいいと話題になっていました。

当時は、清純派女優と呼ばれていました。

広告

佐藤仁美さんの若い頃がかわいい

1996年にドラマ化された「イグアナの娘」に主人公の同級生で親友役を演じていました。

その当時の佐藤仁美さんはこのような感じです。

画像引用元:https://www.mocacafe.tokyo

1999年に放送されていたNHKの連続テレビ小説「あすか」では主演の竹内結子さんのライバルだったのですが、竹内さんよりもかわいいのではないかと言われていました。

その当時の写真がこちらです。

画像引用元:https://twitter.com

女優としてだけではなく、10代の頃にはグラビアも発売されていました。

スタイルが抜群で当時は、かなり売れていたようです。

kaze

筧美和子さんに少し似てるかも

佐藤仁美がライザップで痩せてからもかわいい

2018年4月に佐藤仁美さんは、ライザップに挑戦されて話題になっていました。

体型も若い頃に比べて増量してしまい、すっかり「おばさん体型」となってしまいましたが3ヶ月で12.2kg、体脂肪10.5%とも減量してまるで別人のように変わっていました。

若い頃のスタイル抜群な佐藤仁美に戻り、とても素敵な女性に変身していましたね。

まとめ

この記事では、佐藤仁美さんの若い頃とライザップで痩せた頃についてまとめてみました。

若い頃の佐藤仁美さんもかわいいですが、ライザップをして痩せてからもとても素敵ですよね。

元々がきれいだから、年齢を重ねてもずっとキレイでいるのだと思いますね。

広告