【履正社の4番】井上広大の身長でかくてイケメン!ドラフトはどこ?

夏の甲子園の決勝戦「履正社VS星稜」の試合が2019年8月22日に行われました。

履正社の井上広大くんがイケメンでしかも高身長であることから注目を浴びていました。

果たして、身長はいくらなのでしょうか?

また、ドラフトはどこから指名されるのでしょうか?

この記事では、履正社の4番である井上広大くんについて書いていきます。

広告

井上広大くんのプロフィール

名前:井上広大

身長:187cm

体重:92kg

投打:右投右打

中学:東大市立南郷中(東大阪シニア)

趣味:映画鑑賞

憧れの選手:山田哲人

好きな球団:日本ハム

座右の目:志、素直

小学校のころからソフトボールを始め、ANTブルージェイズに所属していました。

中学校からは、硬式野球チームである東大阪シニアに所属し、キャッチャーを任されていたようです。

高校では、履正社高校に進み1年生の夏からベンチ入りを果たすほどの実力を持っていて、代打で出場したこともありました。

3年生になり、履正社の4番で背番号が9番として甲子園に出場し見事優勝を果たしています。

プロからも注目されている豪快な打球で甲子園で4本塁打で4割近くの打率を残しています。

決勝戦での逆転3ランを出した選手として注目されています。

履正社がセンバツのリベンジを果たした。二回、先発の清水が2死二塁から右中間フェンス直撃の適時二塁打を浴び先制点を許した。しかし三回、二死から連続四球で一、二塁とすると、4番・井上が奥川の初球スライダーをフルスイング。左翼スタンドへ逆転の3ランを放った。

引用元:https://www.sanspo.com/

広告

【画像】井上広大の身長でかくてイケメン!

履正社の井上くんは、決勝の大舞台で逆転本塁打を決めるだけではんく顔も中村倫也を坊主にした感じでイケメンだと思いました。

身長も182cmというプロフィール通り、体格もフォームもキレイですし絶対モテているとおもます。

こちらが、井上くんが決勝でホームランを出したシーンです。

大きくガッツポーズをする姿も爽やかですし、ベンチでの笑顔もかわいいですよね。

広告

【履正社の4番】井上広大のドラフトはどこ?

おそらく、今大会でドラフト指名がくる可能性が高いと思いました。

履正社(大阪)ということで、阪神あたりが候補を上げてくるのではないでしょうかね。

または、井上くんが好きな球団という日本ハムということも考えられますし、山田哲人選手が所属するヤクルトからくることも考えられますね。

今度のドラフト会議が楽しみですね。

まとめ

この記事では、履正社の4番である井上広大くんについて書いてみました。

高身長でイケメンということだけでなく、土壇場での逆転本塁打も出せてしまう精神力もすごいと思いました。

おそらく、ドラフト会議でも名前が上がってくる選手だと思いますし、今後注目ですね。

広告