【24時間テレビ】駅伝の走る順番は?タスキを渡すタイミングはいつ?

2019年の24時間テレビのチャリティマラソンは、4人でつなぐ駅伝方式が採用されました。

走るメンバーは、ガンバレルーヤよしこさん、いとうあさこさん、ハリセンボン春菜さんと当日発表のメンバー1人で決まっています。

果たして駅伝の走る順番はどうなるのでしょうか?

また、タスキを渡すタイミングはいつになるのでしょうか?

この記事では、24時間テレビの駅伝で走る順番タスキを渡すタイミングがいつになるのかを予想してみたいと思います。

広告

【24時間テレビ】駅伝の走る順番は?

24時間テレビの駅伝のランナーはのメンバーについては、4人中3人がわかっており、最後の一人が当日発表となっていました。

走る距離については、全員が42.195kmとなっていましたが見直されて修正されていました。

メンバーの走る距離は以下の通りです。

24時間駅伝メンバー
  • いとうあさこ:42.195km
  • ガンバレルーヤよしこ:32.195km
  • ハリセンボン春菜:32.195km
  • 水卜アナ:42.195km

合計:148.78km

最後の一人については、頼もしい方ということで男性なのか女性なのかがはっきりしていません。

kaze

4人目はだれになるのでしょうね

広告

24時間駅伝の順番:1番手とアンカーの予想

1番手については、過去の24時間マラソンで北斗晶ファミリーの順番を参考にしてみましょう。

北斗晶ファミリーの24時間マラソンの順番と距離
  1. 父・佐々木健介(61.6km)
  2. 長男・健之介(6km)
  3. 次男・誠之介(4km)
  4. 母・北斗晶(47.9km)

2012年の24時間マラソンで佐々木健介、北斗晶ファミリーの時は、多く走った2人がスタートとアンカーを務めていましたね。

このことからスタートとアンカーは、距離が長いメンバーであるいとうあさこさんか当日発表のメンバーとなると思います。

どちらがスタートを担当するのかを予想すると、番組の演出のことが関わってくると思います。

もし僕が順番を決めるとしたら当日発表されるメンバーを番組の序盤で、「この方です!」という登場シーンを設けると思います。

当日メンバーが発表される場所は、スタート地点でカーテンから登場というような演出にすると思いますね。

アンカーでもいいのですが、そうなると番組放送開始のインパクトが薄れてしまい視聴率が下がってしまうかもしれませんね。

ということで、スタートは当日発表のメンバーでアンカーがいとうあさこさんでははないかと予想されます。

kaze

もし当日発表のメンバーが大物だったらアンカーかもしれませんね

広告

24時間駅伝の順番:2番手と3番手の予想

2番手と3番手については、決めるのがむずかしいというかどっちでもいいように思えます。

スタートから次のタスキをつなぐとなる時間を予想してみます。

42.195kmを完走するには、一般の女性なら5時間かかると言わてています。

マラソンがスタートするタイミングは、一部を除く(ブルゾンちえみさんやみやぞん)と19時スタートなんですよね。

2番手にタスキが渡る時間は、24時くらいということになります。

3番手にタスキが渡るとしたら、5時間を切るので朝の4時くらいということになるでしょうね。

このことを考えると、朝が強いメンバーではいと4時からスタートを切るってキツイと思います。

ということは、3番手が朝の番組「スッキリ」に出演されているハリセンボン春菜さんではないかと予想できますね。

スタジオ入で朝から活動できる週間があることが強みだと思います。

また、深夜帯って視聴率が落ちると思います。

イメージ的に高感度が高い方が、昼間の視聴率を稼いでくれることを考えるとガンバレルーヤのよしこさんよりもハリセンボン春菜さんの方が昼間を担当するでしょうね。

24時間駅伝の順番:一覧まとめ

上記の件をまとめてみると僕の予想としては以下のとおりです。

24時間駅伝の順番予想
  • 1番:水卜アナ
  • 2番:ガンバレルーヤよしこ
  • 3番:ハリセンボン春菜
  • アンカー:いとうあさこ

ただ、地形的なことを考慮していないのでアップダウンがあるところを短い距離にするのであれば前後するかもしれません。

 

当日発表メンバーが誰かにもよりますし、大物タレントだったらアンカーにするかもしれませんね。

広告

【24時間テレビ】タスキを渡すタイミングはいつ?

先程も、少し時間について触れていますがメンバーの走る距離によって大体の予想ができると思います。

まずは、それぞれの距離をもう一度おさらいしましょう。

24時間駅伝メンバー
  • 1番:当日発表メンバー:42.195km
  • 2番:ガンバレルーヤよしこ:32.195km
  • 3番:ハリセンボン春菜:32.195km
  • 4番:いとうあさこ:42.195km

番組の放送時間は、24日19:00~25日20:00ということで25時間あることになります。

毎回、20:00ピッタリに到着するようになっていることを考えると2人で12.5時間だったらちょうどよくなりますね。

42.195km担当の人が7時間で、32.195kmが5.5時間くらいのタイムだったらちょうどいいことになります。(ざっくりですが)

ちなみに、42.195kmは一般女性の平均が5時間7分となっていました。

フルマラソンの女性の平均タイムは、5時間7分55秒です。

引用元:https://runnal.com

ランナーの休憩や仮眠、番組の中継や途中歩くことを考えると平均の5時間に対して7時間はかなり余裕があるのではないかと思います。

そのため、それぞれのタスキが渡されるタイミングを考えると以下のようになるのではないでしょうか。

タスキが渡されるタイミング
  • 1番手の走る時間:19:00~2:00(7時間)
  • 2番手の走る時間:2:00~7:30(5.5時間)
  • 3番手の走る時間:7:30~13:00(5.5時間)
  • 4番手の走る時間:13:00~20:00(7時間)

そのため、タスキがつながるシーンは「2:00、7:30、13:00」くらいになるのではないでしょうか。

あくまで予想ですし、それぞれの走る速度は考慮されていません。

1人で最後まで走るわけではないため、例年の20時ギリギリではなく17:00くらいで完走してしまうということもありえるかもしれませんね。

【追記】24時間テレビのランナーの順番が決定

24時間テレビの当日発表メンバーが水卜麻美アナであることがわかりました。

今回予想していた順番とは全く異なりましたね。

正しい順番は以下の通りです。

24時間駅伝の順番
  1. ハリセンボン春菜(32.195km)
  2. ガンバレルーヤよしこ(32.195km)
  3. 水卜麻美(42.195km)
  4. いとうあさこ(42.195km)

【結果】タスキが渡された時間

実際に、24時間テレビで駅伝のタスキが渡された時間をまとめてみます。

【動画】ハリセンボン春菜からガンバレルーヤよしこにタスキが渡った時間

ハリセンボン春菜さんからガンバレルーヤよしこさんにタスキが渡されたのは、5時間40分後の2:10でしたね。

こちらが、タスキが渡された瞬間の動画になります。

【動画】ガンバレルーヤよしこから水卜アナにタスキが渡った時間

ガンバレルーヤよしこさんから水卜アナにタスキが渡された時間は、約6時間後の8:09でした。

こちらが、タスキが渡された瞬間の動画になります。

【動画】水卜アナからいとうあさこにタスキが渡った時間

水卜アナからいとうあさこさんにタスキが渡された時間は、約6時間後の14:18でした。

こちらが、タスキが渡された瞬間の動画になります。

まとめ

今回は、24時間テレビ駅伝の走る順番やタスキが渡されるタイミングなどを予想してみました。

体力や走る速度は人それぞれ違うのですが、大体の目安がわかりましたね。

もしかすると、例年に比べて早くゴールすることも予想できますが、当日発表のメンバーも誰になるのか注目ですね。

広告