【やらせ?】消えた天才の捏造加工とは?試合の映像動画を検証してみた

TBSの人気番組「消えた天才」で捏造加工された映像が話題になっていました。

問題となった映像は、少年野球で投球が早く見えるように加工されているということでした。

果たして、本当に加工されていたということなのでしょうか?

この記事では、TBSの番組「消えた天才」の捏造動画について検証してみたいと思います。

広告

消えた天才の捏造加工疑惑とは?

2019年8月11日に放送された「消えた天才」で捏造疑惑があることから放送が一時休止となりました。

問題となった映像は、リトルリーグの全国試合の映像で12歳の少年が投げるストレートがものすごく早いという特集でした。

サイトでは「加工が行われたのは、放送した投球シーン全31球のうち7球で、投手がボールをリリースした瞬間からキャッチャーミットに収まるまでの約0.5秒間について、映像のスピードを実際よりも2割程度速くしていました」と説明。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp

通常よりも2割増のスピードが出ているように見える映像ということは、相当早いということですね!

ちなみに、リトルリーグで12歳の子のスピードは110kmほどと言われています。

110×1.2=132km

このスピードは、甲子園レベルに匹敵するスピードなんですよね!

kaze

小学生で甲子園レベルとか打てる気がしないです

広告

【動画】消えた天才の試合の映像

問題となった動画を探してみたところ、発見することができました。

こちらが、捏造疑惑となった動画になります。

確かに、報道通り0.5秒の速さでキャッチャーミットに吸い込まれていて早いことがわかります。

この他にも卓球、フィギュアスケート、サッカーでも映像を早く見せる加工がされていたようですね。

kaze

選手の凄さを報道したいはずなのに、作られたものだったとはショックですね

広告

【動画】消えた天才の映像が捏造か検証してみた

この映像を見た人の反応を見てみると気になる書き込みがありました。

後ろのおっちゃん、一瞬速歩きになってた

問題の映像を何度も見ているとあることに気づきます。

右側にいる選手の後ろを歩く方が一瞬早く動いているんですよね!

また、左側の方や背番号10番のショートの選手も一瞬早い動きになっていることがわかりました。

こちらの投稿で違和感を感じ取れるかと思います。

一瞬、時を越えている感じがしますね。

わからなかったという方は、もう一度元の動画を投手に焦点をあわせながら横を歩く男性の動きに注目してみましょう。

投手がボールを離した瞬間に、歩くスピードが早くなりすぐに元の速さに戻っていることが感じられますよね。

個人的には、投手のグローブあたりに目線を合わえて置くとわかりやすいので何度か見てみてください。

kaze

確かに不自然すぎますね

【動画】消えた天才のサッカーでの捏造映像

1:00あたりからドリブルのシーンがあります。

ただ、これは早送りしていたとしても他の選手よりも早いということなのでセーフかもしれません。

まとめ

今回は、消えた天才の捏造映像について検証してみました。

一瞬、後ろを歩く方のスピードが早くなったように思えますよね。

この他にもフィギュアスケートや卓球、サッカーなども加工されている可能性があるようです。

広告