グランメゾン東京のパリのロケ地は?ランブロワジーの値段や写真は?

木村拓哉さんが主演のドラマ「グランメゾン東京」。

木村拓哉さんが演じるのは、フランスのシェフを尾花夏樹ということでパリがロケ地として使われたようです。

この記事では、ドラマ「グランメゾン東京」で使われたパリのランブロワジーについて書いていきます。

広告

グランメゾン東京のロケ地は?

グランメゾン東京のロケ地として使われたのは、「ランブロワジー」というフランス・パリにある三ツ星レストランです。

ランブロワジーは、1988年から30年以上3つ星を獲得されていて世界一予約が取りにくいと言われています。

2つ星に落ちて3つ星になるレストランも多くある中で、3つ星を取り続けているのがすごいですよね!

予約が取れる条件としては、ホテルのランクやフランス語が流暢、1ヶ月前などさまざまな条件があるようです。

また、レストランがある場所が、パリノ最古の広場「ヴォージュ広場」の近くにあるということも厳しい条件の理由の一つだと思いますね。

フランス人でも3つ星レストランに一生に一度行くか行かないかといわれるとほどのため、ドラマの撮影の許可が取れたのも奇跡と言われています。

ロケーションも最高ですし、3つ星レストランを貸し切って撮影ともなると相当な予算が使われたのでしょうね。

こちらにランブロワジーでの撮影したシーンが写っていました。

撮影の許可が出たのもスタッフさんの熱意が伝わったからだと思いますし、このドラマに掛ける思いも相当強いことがわかりますよね。

広告

ランブロワジーの味も値段もすごい

ランブロワジーは3つ星レストランということで、料理の値段もかなり用意しておく必要があります。

2人で来たとしたら10万円以上は確保して置いたほうがいいと言われていますね。

3品「前菜、ランチ、デザート」で1人350ユーロ、日本円で約4万円ほどかかり、一番安くても6500円のハーフボトルのワインという情報もありました。

お店の雰囲気についは、インスタグラムで確認することができました。

広告

【画像】ランブロワジーの写真

この投稿をInstagramで見る

Well, that was the most extravagant meal of my life.

ALICE GAOさん(@alice_gao)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

#QuiMInvite ? #LAmbroisie #3EtoilesMichelin

Vincent Biteさん(@vincent.mns)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

Réveillon à domicile

Chikara Yoshitomiさん(@chikara_yoshitomi)がシェアした投稿 –

【動画】ランブロワジーの調理風景

まとめ

この記事では、ドラマ「グランメゾン東京」のロケ地について書いてみました。

ランブロワジーというパリのレストランなのですが、30年以上にわたり3つ星を獲得し続けていることがわかりましたね。

また、提供される料理も美味しそうですが値段もかなりすることもわかりましたね。

この場所で撮影できたのも奇跡と呼ばれていますし、撮影の許可が取れたのもこのドラマにかける熱意があると思うと期待してしまいますね。

広告