【バレー】古賀紗理那が歯を矯正した理由は?かわいい画像まとめ

女性バレーのエース古賀紗里那(こがさりな)選手。

数年前に歯を矯正され、見た目がかわいくなったと注目がされました。

どうやら、歯を矯正した理由はかわいくなるためではないようです。

この記事では、古賀紗理那選手が歯を矯正した理由やかわいい画像をまとめて紹介します。

広告

古賀紗理那選手のプロフィール

この投稿をInstagramで見る

sarinakoga / 古賀紗理那さん(@sarinakoga_fan)がシェアした投稿

古賀紗理那(こがさりな)

生年月日:1996年5月21日

出身:佐賀県

身長:180cm

体重:66kg

血液型:B

古賀紗理那選手は、小学校2年生の時に母親の影響でバレーボールを始めました。

母親は、中学、高校とバレー部に所属されており「子供が生まれたらバレーをさせる」ことが夢だったようです。

紗里奈さんが6歳の時には、父親のしごとで熊本に引っ越すことになり、紗理那さんと姉(麗那)とよくママさんバレーにつれていくようになりました。

小学2年生の時に地元のバレー強豪チームとの対戦をきっかけに、なんと自らの意志で強豪チームに移籍しています。

バレーを始めたばかりで小学2年生なのに決断力も負けず嫌いという気持ちもすごいですよね。

小学5、6年生の時には、全日本バレーボール小学生大会へ出場し、15歳の時に開催された全日本中学バレーボール選手権大会で熊本代表の優秀選手にされ、JOCジュニアオリンピックカップのの有望選手に選出されました。

全国の高校からオファーが殺到したようですが、姉の通うバレーの強豪校である熊本信愛女学院高校に進学します。

高校時代には、全日本バレーボール高等学校選手権大会でベスト4進出に貢献されたことから優秀選手賞に選ばれました。

中学、高校とバレーでの成績が認められて2014年6月(18歳)には東京オリンピックの強化指定選手「Team CORE」のメンバーに選出されました。

広告

古賀紗理那選手が歯を矯正した理由

古賀紗理那選手は、16歳の時に日本代表に選ばれたことで注目されるようになりました。

もともと前歯や八重歯などなど歯並びに愛嬌があって、それはそれでかわいい個性をもっていました。

当時の写真がこちらです。

引用元:https://www.t1park.com/

練習中には明るい笑顔で楽しそうにしている姿が印象的だったようです。

歯をむき出しにしてあどけない笑顔が特徴的ですよね。

古賀紗理那さんは、2017年夏頃に歯の矯正を行っています。

矯正してからも古賀紗理那さんがかわいいことには変わりないですが、どうやら理由が別にあることがわかりました。

それは、スポーツ選手の能力を高めるためです。

歯並びと運動能力には密接な関係があり、正しい位置にすることで本来持っている力を発揮することができます。

トップアスリートともなれば、歯を食いしばることで筋肉の活動が高まることや噛む力が増すことで血流が増えて脳の活動量も上がることが実証されています。

スピードスケートやラグビーなどの競技では、マウスガードをすることがあるのですが外傷防止やパフォーマンス向上のために使用されているんですよね。

古賀紗理那さんも、見た目だけでなく東京オリンピックでの結果を出すことを意識していたからこそ、歯の矯正をしたということですね。

広告

【画像】古賀紗理那選手の矯正前も矯正後もかわいい

そんな古賀紗理那さんの矯正前も矯正後もどちらもかわいいということで昔から注目されていました。

ここからは、古賀紗理那さんの矯正前と後の画像を見ていきたいと思います。

こちらが矯正する前で2014年(18歳)の古賀紗理那さんの写真です。

そして、2019年(23歳)の古賀紗理那さんの写真がこちらになります。

矯正器具をつけていることが確認できますし、高校生と時に比べると大分歯並びが整っていることがわかりますよね。

「顔が変わった」「八重歯がなくなってしまった」というような意見もありますが、どちらの古賀選手もかわいいことには変わりないと思いました。

むしろ今の古賀紗理那選手の方が、笑顔が素敵に見えますね。

広告

古賀紗理那選手の画像まとめ

まとめ:古賀紗理那選手

今回は、バレーの古賀紗理那選手について書いてみました。

歯を矯正されたのは、パフォーマンスの向上のためだったことがわかりました。

八重歯がかわいかったですが、現在の方が笑顔が素敵ですしさらに磨きがかかっていて応援したくなりますね。

広告