ものまねや腹話術って会社の忘年会とかやったりしますよね。
中でも腹話術って、うまい人ではない限り違和感があったりします。
最近ネットで話題になっている腹話術少女のパフォーマンスがすごすぎるんですよね。
今回は、腹話術少女についてご紹介します。

広告

イギリスのオーディション番組

名前:ブリテンズ・ゴット・タレント

イギリスで放送されている音楽のオーディション番組なのですが、審査員の前で歌やダンスなどのパフォーマンス素人が披露するんですよね。ですが、3人の辛口審査員が厳しくて、中には心を折られる人だっていると思います。あまりにも音痴だと「出て行け!」なんて言葉も出るようですから、出場するにしても気合が必要だと思います。

日本で言うとのど自慢番組だと思いますが、番組から有名になって歌手に出られたかたも多いです。スーザンボイルさんやポールポッツさんもこの番組から夢を掴んで日本でも有名ですよね。

 

腹話術少女のプロフィール

名前:ダルシー・リン
英語表記:Darci Lynne
年齢:12歳

人形の名前:ペチュニア

とても笑顔が素敵な少女ですよね。12歳ということは、小学6年生くらいということになります。腹話術をこの年齢でできることだったすごいですが、口を開かず美声まで出せるのがすごいですよね。

広告

腹話術少女の歌声とパフォーマンスがすごい

話題になった動画の他にも腹話術をしている映像があるのですが、プロレベルですし、今まで歌まで腹話術でやっている方ってみたことがないので驚きです。
また、人形の使い方やダルシーのあどけない表情も自然で人を引きつけるような魅力がありますよね。

オーディションでは、ゴルデンブザーを獲得ということで大喜びでしたね。

ゴールデンブザーって何?

4人の審査員の誰か1人が押すことができ、予選を一発で突破させられるボタンです。このボタンが押されるということは、審査員からの評価もそうですが、スーザンボイルのように今後テレビで活躍することが期待されると思いますし、とても名誉なことなのだと思います。

腹話術少女の動画

 

人形に歌わせた曲名は

曲名:Summertime(サマータイム)
作曲:George Gershwin(ジョージ・ガーシュウィン)

ジョージが亡くなる2年前の1935年に作曲したオペラの【Porgy and Bess(ポーギーとベス)】というミュージカルで使われた曲です。
貧しいアフリカ系アメリカ人の生活を描いたいて、ジャズや黒人音楽が用いられていますね。

まとめ:腹話術少女がすごい

今回は、オーディション番組で話題となった少女について書いてみました。スーザンボイルやポール・ポッツも有名になりましたし、ダルシーもテレビに引っ張りだこになると思いますね。

今後の活躍が期待できそうです。

広告