【台風19号】存在しないカテゴリー6はデマ?6の強さはどのくらい?

台風19号「ハギビス」が日本に迫ってきていることが注目されています。

どうやら、今年最大レベルの台風とウワサされています。

2019年10月12日~13日にかけて関東に上陸すると言わているので注意が必要ですね。

果たして、台風19号のカテゴリー6とはどのくらいの強さなのでしょうか?

広告

台風19号の強さはカテゴリー6?

2019年10月10日にスポニチに掲載された情報によると、10月12日に関東に上陸することが予想されている台風19号(ハギビス)の強さが存在しないカテゴリー6に相当すると言われています。

米国内の気象専門家からは「存在しない6に相当する」という意見も出始めている。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

台風に関する情報で、聞き慣れないカテゴリーという強さを示す値で表現されることがあります。

このカテゴリーは、アメリカのハリケーンが発生した時に使われるシンプソンスケールという呼び方で1~5の数字で表現されます。

カテゴリー1 建物に被害はないが木の枝が折れたりする
カテゴリー2 屋根の一部やドラ、窓が壊れる。移動住宅なおに被害
カテゴリー3 小さい建物などに構造的な被害。樹木が倒れる
カテゴリー4 小さい住居の屋根が潰れる。海岸の大きな侵食がある。
カテゴリー5 多くの建物で屋根が潰れる。海岸線の近くでは洪水が発生

ただ、最も強いとされているカテゴリー5を超えるカテゴリー6が今回の台風の強さであることがわかりました。

広告

存在しないカテゴリー6の強さはどのくらい?デマの可能性あり?

専門家が言うカテゴリー6とはどのくらいの強さになるのでしょうか。

そこで、カテゴリー別に風速がどのくらいなのか調べてみました。

カテゴリー 風速(m/s)
カテゴリー1 33~42
カテゴリ-2 43~49
カテゴリー3 50~58
カテゴリー4 58~70
カテゴリー5 70超

そして今回の台風19号の風速については、アメリカの気象機関の情報によると72m/sであることがわかりまいした。

今回アメリカの気象機関は、19号の最大風速を何m/sとして解析していたのでしょうか。調べてみると、最大の勢力時でも72m/sでした。これは限りなくカテゴリー「4」に近い「5」といえ、「6」というには程遠いような気がします。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/

専門家の方もおっしゃっている通り、存在しないカテゴリ-6には程遠いことがわかります。

もしカテゴリ-6を数値化するとすれば、少なくとも風速80m/sでなければなりません。

そのため、台風19号については、数値上でみればカテゴリ-6ではなく4に近い5であるのだと思います。

広告

【台風19号】臨時休業や運休情報について

台風19号の進路は、12日から13日にかけて関東を直撃することがわかりました。(2019年10月10日時点)

中心気圧は920hPaで非常に強いと言われています。

千年に1度のレベルのため、全日空は全便欠航となったそうです。

全日空は12日土曜日に羽田と成田を発着する国内線の全便、406便の欠航をすでに決めています。

引用元:https://www3.nhk.or.jp

また、JRA全線運休の可能性もあり、東京23区が浸水するのではないかと言われていますね。

JR東日本は12~13日に首都圏全域で大規模な「計画運休」の可能性があるとしており、11日午前により詳しい見通しを発表する。

引用元:https://www.nikkei.com/

この影響で、イトーヨーカドーが124店舗で臨時休業も発表されました。

台風19号の接近に伴って、大手スーパーのイトーヨーカ堂は東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、静岡、愛知、それに岐阜の8つの都県にある124店舗すべてについて、12日は臨時休業することになりました。

引用元:https://www3.nhk.or.jp/

暴風域に入る確率が高いと言われる地域がかなりありました。

台風19号に関しては、毎日報道されているのですが運休情報であったり進路も変わる可能性も十分に考えられます。

必要になるであろうサイトを以下にまとめてみました。

身を守らなければならなくなるかもしれませんし注意が必要ですね。

広告

台風19号に関する世間の反応

まとめ:台風19号

台風19号の影響で計画運休になったり、JRやスーパーなども臨時休業になることが発表されました。

史上最大と言われており、カテゴリー6という存在しない数値であることが報道されていました。

風速について調べてみると、カテゴリー5に相当するほどで6ではない可能性が高いですね。

身を守るためにも交通手段であったり天気の情報などは細かくチェックして置きたいですね。

広告