【モンスターアイドル】バチェラーに似てる?クロちゃんが気持ち悪い!

2019年11月6日に放送された水曜日のダウンタウンの新企画「モンスターアイドル」が始まりましたね。

クロちゃんがアイドルグループを作っていくという企画なのですが終始気持ちが悪いなあと感じてしまいました。

この記事では、モンスターアイドルを見ての感想について書いていきます。

広告

広告

【モンスターアイドル】バチェラーに似てる

大反響で終わったモンスターハウスに引き続き、クロちゃんがメインの企画「モンスターアイドル」が始まりましたね。

アイドル好きのクロちゃんがアイドルグループをプロデュースするという企画でした。

企画内容を知らされていない16人から徐々にメンバーが減っていき、最終的に残った数人でアイドルグループを結成していくのでしょうね。

初回のオーディションで16人から半分の8人に減りました。

公式サイトを覗いてみたところ、全5話で合宿4日あることがわかりました。

アイドルグループということを考えると毎回1人づつ減っていき、4人でが選ばれるのではないかと予想できますよね。

このことから、まるでバテェラーのローズセレモニーのような企画だなと感じる方も多いのではないでしょうか。

amzonプライムさんで配信されているバチェラーでは、十数人の女性から1人の婚約者を選ぶという企画で、毎回最後に1人の女性が脱落するという番組構成なんですよね。

モンスターアイドルも、この番組構成と同じような感じで進行していっていると思ってしまいました。

バラの代わりに、「合格」と書かれた赤い札というのも共通点があるように思えました。

広告

【モンスターアイドル】クロちゃんが気持ち悪いけど楽しみ

モンスターハウスでもだったのですが、番組の企画を利用して女の子がトラウマになってしまうのではないかというレベルのことをされていて本当に気持ちが悪かったですね。

出演者の女の子とあわよくば、彼女にしたいという発言もやばかったです。

ダウンタウンの浜田さんが言うように、オーディションを受けている女の子全員がボイコットすれば平和に終わるなあというのにも共感しましたね。

企画が進むにつれて、「クロちゃんに逆らえない」「もしかして好きかも」みたいな錯覚をしてしまうのではないかと思うと今後の展開がどうなるのか目が離せないですし、毎回欠かさず見てしまうかもしれません。

広告

【動画】モンスターアイドルのインタビュー

クロちゃんに対する世間の反応

まとめ:モンスターアイドル

水曜日のダウンタウンのクロちゃんの企画第2弾であるモンスターアイドルが始まりましたね。

オーディションを見た感じだとクロちゃんの気持ち悪さが全面に出ていたと思いましたが、なぜか続きが見たくなるようなそんな魅力があると思いました。

今後も反響がすごいと思いますし注目ですね!

広告