【笑ってはいけない】佐野史郎の怪我で放送はどうなる?編集やカットの可能性は?

年末の特番「笑ってはいけない」に俳優の佐野史郎さんが出演されることがわかりました。

しかし、収録中に怪我をしまったそうで番組の放送に影響があるのではないかと思われます。

果たして、笑ってはいけない2019の放送はどうなるのでしょうか。

この記事では、佐野史郎さんの怪我による笑ってはいけないの放送がどうなるのかについて調査してみます。

広告

佐野史郎が笑ってはいけないの収録中に怪我?

2019年11月7日に俳優の佐野史郎さんが番組の収録中に全治2ヶ月の怪我をおったということが報じられました。

どうやら、茨城県で行われていた「ガキの使いやあらへんで」の笑ってはいけないの収録中だったようですね。

液体窒素を入れたペットボトルが破裂する力で空中に数センチ浮くという企画に挑戦したところ、佐野が腰に痛みを訴えたため病院で診察を受けた。診断は第三腰椎骨折で手術の必要はなく、2週間の安静後にリハビリを開始し、全治2カ月になる見込みだという。

引用元:https://www.nikkansports.com/

液体窒素を入れたペットボトルで空を飛ぶといった演出らしく、年齢的にも64歳であるためかなり衝撃が強かったのではないかと予想されますね。

佐野史郎さんと言えば、1992年7月に放送されたドラマ「ずっとあなたが好きだった」で木馬に乗っている印象があるのでもしかすると木馬で飛んだということなのかもしれませんね。

広告

なぜ空を飛ぶ演出だったの?

佐野史郎さんは、2013年4月に放送されていたドラマ「空飛ぶ広報室」に出演されたいたことがありました。

川村ゆきえさん演じる安奈の父親役として出演されていました。

披露宴会場の外で、航空自衛隊に所属している婚約者に娘を渡すことをためらっており

「そんな命がけで仕事をしているやつのところに、どうしてうちの娘を嫁に出さなきゃいけないんだ!」

という葛藤のセリフが印象的だった作品です。

おそらく、ガキ使ではこのシリアスなシーンから空を飛ぶ演出を考えたのではないかと予想してます。

ただ、全治2ヶ月ということは放送されるのか心配になりますね。

広告

【笑ってはいけない】放送はどうなる?編集やカットの可能性は?

2019年11月7日時点では、問題になったシーンについて放送されるのかについては明らかになっていません。

しかし、佐野史郎さんや番組側では以下のコメントがありました。

佐野は「番組は、私の負傷で笑えない状況にならないよう放送されることを心より願っております」

日本テレビは「専門家の指導の下、安全に配慮しましたが、出演者がけがをした事実を重く受け止め、今後は安全対策に万全を期してまいります」

引用元:https://www.nikkansports.com

コメントを見る限りでは、佐野史郎さん本人としては放送を希望されていることがわかりますね。

番組側としても、放送するかどうかはコメントしていませんでした。

佐野史郎さんが体を張って演じたのだから、よっぽど笑えなそうでは無い限り放送されると思います。

2008年に放送された「絶対に笑ってはいけない新聞社24時」で俳優の大和田伸也さんがバスから降りる際に足をぐねったことがありました。

その時は、演技なのかなあと思っていたのでうがリアルに足をひねっていたみたいですね。

番組では、そのシーンもバッチリ放送されていました。

このことから、佐野史郎さんの場合も放送されるのではないかと思いますね。

広告

【動画】大和田伸也の笑ってはいけない

こちらが、大和田伸也さんが足をグねったシーンです。

まとめ:笑ってはいけない佐野史郎の怪我

佐野史郎さんが笑ってはいけないの収録中に怪我をしてしまったことがわかりました。

放送されるかは、まだ公表されていないんですよね。

ただ、過去の笑ってはいけないでは大和田伸也さんの怪我のシーンが流れていたので放送される可能性は十分に考えられますね。

広告