【沢尻エリカ】渋谷のクラブWはどこ?WOMB(ウーム)と言われる理由は?

2019年11月16日に女優の沢尻エリカ容疑者が合成麻薬MDMAを所持していた疑いで逮捕されました。

週刊文春の取材によると、入手元が渋谷区のクラブ「W」ということが報道されていましたね。

このクラブWについては、「WOMB(ウーム)ではないか?」と言われていましたが果たして本当なのでしょうか。

この記事では、沢尻エリカ容疑者が訪れていた渋谷のクラブについてどこなのか調査してみました。

沢尻エリカの逮捕報道内容

2019年11月16日に女優の沢尻エリカ容疑者が逮捕されました。

報道では、10年以上前から大麻やMDMA、LSD、コカインなどを使用していたことがわかり、イベント会場で入手したことがわかりましたね。

また週刊文春では、逮捕当日の渋谷にあるクラブで沢尻エリカ容疑者が訪れている姿がわかりました。

逮捕当日、沢尻エリカが「W」を訪れるという情報を得ており、取材班は深夜12時から店内で取材を進めていた。

「この日、女性イベンターと都内のスケボー施設がコラボした一大イベントが催されたのです。世界的アーティストが海外から呼ばれ、フロアにはハウスミュージックが大音量で流れていた。常連客が集まる3~4階では、さながら身内のパーティのようでした」(クラブ関係者)

(中略)

小誌記者が4階のVIPルームで沢尻の姿を目にしたのは、深夜1時40分のこと。

(中略)

その後、沢尻は3階の関係者席に移動し、知人のモデルらと談笑。ふたたび3時過ぎにVIPルームに戻り、ボックスシートで仲間たちとショットグラスを傾けていた。

引用元:https://bunshun.jp

つまり、これらの情報をまとめると沢尻エリカ容疑者が訪れていた渋谷のクラブが絞り込めそうですよね。

【沢尻エリカ】渋谷のクラブWはどこ?動画あり

先程の週刊文春の報道で上がっていたクラブの特徴をまとめてみると以下のとおりです。

沢尻エリカが訪れたクラブの特徴
  • 場所が渋谷にある
  • イニシャルが「W」のクラブ
  • 少なくても4階建ての建物
  • 3,4階がVIPルーム

また、とあるクラブのイベントの様子がYouTubeにアップされていたことも話題になっていました。

動画には、曲に合わせて踊っているプライベートの沢尻エリカ容疑者の様子が記録されていました。

撮影日はわかっていませんが、『沢尻のキマッている動画』としてネットで拡散して注目されていましたね。

これらの情報やネットでの書き込みなどの情報から、このクラブが渋谷のWOMB(ウーム)ではないかと言われていることがわかりました。

広告

渋谷のクラブWがWOMB(ウーム)と言われる理由

沢尻エリカ容疑者が逮捕されるまでにいた渋谷のクラブは、WOMB(ウーム)だと言われています。

店舗名:WOMB

住所:東京都渋谷区円山町2−16

週刊文春で報道されたクラブの特徴である、イニシャル「W」ということや施設もWOMBと似ている点が複数あるからです。

こちらが、WOMBの各階の見取り図になります。

クラブの特徴である4階建てということや3,4階がVIPルームという点も合わせるとWOMBの可能性が十分考えられますね。

普段から通われているのかは不明ですが、芸能人が訪れる印象がないクラブのため驚かれた方もいることがわかりました。

広告

沢尻エリカのクラブについての世間の反応

まとめ:沢尻エリカのクラブ

沢尻エリカ容疑者の逮捕されたクラブについて調べてみました。

報道やネットの情報などを参考に調査してみると、特徴が一致するWOMBではないかと言われていましたね。

VIPルームとはいえ、芸能人も訪れるクラブということで驚きました。