【川口春奈】沢尻エリカの代役になった理由は?謝罪の王様で「別に」のマネ?

大河ドラマ「麒麟がくる」で沢尻エリカさんの代役が川口春奈さんに決定しましたね。

代役については、報道やネットでもさまざまな女優さんが予想されていたのですがなぜ川口春奈さんが選ばれたのでしょうか。

過去に出演した映画「謝罪の王様」が関係しているということですが本当なのでしょうか。

この記事では、川口春奈さんが沢尻エリカの代役に選ばれた理由について調査してみました。

沢尻エリカの代役が川口春奈に決定

2019年11月21日に大河ドラマ「麒麟がくる」で沢尻エリカさんの代役が川口春奈さんになったことが報道されました。

来年放送予定の大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」に出演予定の女優、沢尻エリカ容疑者(33)が麻薬取締法違反容疑で逮捕されたことを受け、NHKは21日、沢尻容疑者の代役として女優の川口春奈さん(24)を起用すると発表した。

引用元:https://www.sankei.com/

この投稿をInstagramで見る

川口春奈(@haruna_kawaguchi_official)がシェアした投稿

放送まで2ヶ月を切っている段階で、濃姫役の交代ということで誰になるのか注目されていましたが、ネットや報道で上がっていた予想を覆して川口春奈さんになったことで驚かれた方も多いのではないでしょうか。

有力視されていたのが、蒼井優さん、栗山千明さん、広末涼子さん、貫地谷しほりさんなどでしたね。

どうして、川口春奈さんに決定したのでしょうか。

代役が川口春奈になった理由は?

放送日が2020年1月5日ということが決まっている中で、代役を務めるということになるとなると嫌がる女優さんも多くいると思います。

川口春奈さんに決定した理由については、報道でも詳細について書かれていませんでした。

ただ、NHK側からのコメントには以下の説明があったようです。

NHKは「確かな演技力があり、戦国武将の娘としての気高さと強さを表現していただけると考えた」と起用理由を説明した。また、沢尻は正式に降板し、川口は初回から登場する。川口は時代劇初挑戦という。

引用元:https://www.nikkansports.com/

つまり、演技力がNHKから認められているため選ばれたということになりますね。

川口春奈さんがNHKに出演した番組を調査したところ、1件だけ見つけることができました。

2016年7月から2ヶ月ほど放送されたドラマ「受験のシンデレラ」でヒロイン役をしていたことがわかりました。

ただ、NHKの出演ドラマも1件と少ないわけですし他にも理由があるように思いますね。

ネット上では、映画「謝罪の王様」が関係するのではないかとウワサされていました。

広告

【動画】川口春奈が謝罪の王様で「別に」のマネしてた?

川口春奈さんが代役に選ばれた理由としてもう一つ、映画「謝罪の王様」で沢尻エリカさんのマネをするシーンが注目されていました。

映画の中では、沢尻エリカさんが2007年に舞台挨拶で「別に」発言の騒動を起こしたシーンを真似るところが撮影されていました。

こちらが、沢尻エリカさんの別にシーンの動画です。

そして、こちらが謝罪の王様で川口春奈さんがマネをしたシーンの動画です。

ビジュアルも似せていますし、当時公開された時も話題になっていましたね。

おそらく、このシーンがインパクトがあったため選ばれたという説も十分に考えられます。

川口春奈が沢尻エリカの代役に対する世間の反応

まとめ:川口春奈が代役

大河ドラマ「麒麟がくる」で沢尻エリカさんの代役が川口春奈さんに決まりましたね。

演技力が評価されて起用と話されていますが、他にも女優さんがたくさんいるなかで決めてになったのは映画「謝罪の王様」で『別に』のマネをしたのがインパクトがあったからかもしれません。

撮影時間も無い中で起用ということでどんな作品になるのか注目ですね。