【動画】嵐の二宮和也と松本潤の不仲説とは?シカトや逆方向のシーンとは?

二宮和也さんの結婚発表から、嵐の間で不仲説がウワサされるようになりました。

問題となったのが、2019年11月27日に放送された「ベストアーティスト2019」での二宮和也さんと松本潤さんとの距離感でした。

松本潤さんがシカトや逆方向を見ていたというのは本当なのでしょうか。

この記事では、嵐の二宮和也さんと松本潤さんが不仲と言われている問題のシーンについて動画をまとめてみました。

広告

嵐の二宮和也と松本潤の不仲説とは?

2019年11月27日に放送された音楽番組「ベストアーティスト2019」で嵐の歌唱シーンに違和感があるということがファンの間で話題になってネットニュースでも報道されていました。

報道を一部抜粋すると以下の通りです。

ファンが特に注目したのは「ジャニーズ青春ドラマメドレーPART1」にて、嵐がV6の『Feel your breeze』を歌ったときのこと。

右から相葉雅紀、櫻井翔、松本、二宮、大野智という並びだったのだが、相葉が櫻井の肩に、櫻井が松本の肩に、二宮が大野の肩に手を回している場面で、松本だけ二宮の肩に手を回さないという行動を取ったのだ。

もう1つが、11月28日に放送された『ZIP!』(同)での『ベストアーティスト2019』の舞台裏についての放送。番組では二宮が「パフォーマンスを終えていかがですか?」という質問を受け、「ホッとしてます。ジャニーズメドレーも初披露の曲もあったので気の抜けない感じでしたけど終わってホッとした」とにこやかに話していたのだが、二宮が話している間、松本は二宮と逆方向を向いたり、無表情で手を組むなど無関心ともいえる態度をとっていたのだった。

引用元:https://entamega.com/

仲が良さそうな嵐なのですが、週刊誌のニュースということで本当のことなのではないかと疑ってしまいますよね。

問題となっているのが「ジャニーズメドレーのシーン」「ZIPのインタビュー」の2つのシーンでした。

実際に2つのシーンについて見ていかないとなんとも言えないと思いますね。

広告

【動画】不仲疑惑のシーン1:ジャニーズメドレー

ベストアーティスト2019で嵐が楽曲Feel your breeze』を歌っていたシーンを見ていきましょう。

確かに、報道にもあったとおり松本潤さんだけが二宮さんの肩に手を回していないことがわかりますね。

確かに、不仲なんだという見かたもできますがこれだけだとパフォーマンスの1つとして行っているだけかもしれませんよね。

もう一つの不仲説のZIPインタビューシーンについても紹介します。

広告

【動画】不仲疑惑のシーン2:ZIPのインタビュー

2019年11月28日に放送されたZIPのインタビューで松本潤さんだけが違う方向を見ていたということがウワサされていました。

問題のシーンがこちらになります。

確かに、二宮和也さんがインタビュー中、松本潤さんが逆方向を見ているということがわかりますね。

信じたくないですが、二宮さんが話しているのに違う方向を見ているということは「不仲説」が出てしまうのもあり得るかもしれません。

ただし、松本潤さんが違う方向を見るというのは過去に出演した番組でも目撃情報も出ていました。

ということは、不仲ということではなく松本潤さんだけがメンバーと違うことしたいタイプの方という可能性も十分考えられるということだと思いました。

嵐が不仲ということについ、以前にもウワサされており「松本潤と櫻井翔が不仲」ということが騒がれていたそうですね。

広告

【動画】嵐は過去にも不仲説が上がっていた?

2017年4月29日に放送された番組「嵐にしやがれ」でくりーむしちゅーがゲストで訪れた際に、松本潤さんの口から『櫻井松本不仲説』というエピソードが語られていました。

不仲説の会話まとめ

くりーむ上田「嵐仲がいいイメージだもんね」

松本潤「仲いいっすよ」

松本潤「なんかそういう意味でいうと、僕なんか不仲説が出てるんですけど、全然仲悪くないんです」

櫻井翔「櫻井松本」

くりーむ上田「何きっかけ?」

松本潤「いやわからない、なんか出てるんですよ、ネットとかで」

くりーむ有田「週刊誌の報道とかってマジが多いからね」

松本潤「読みすぎ(笑)」

櫻井松本の不仲説については、デマ報道だったようで本人たちも否定していますし仲が悪そうにも見えませんよね。

という点から、今回の二宮和也さんと松本潤さんの不仲説もデマの可能性が高そうですね。

広告

嵐の不仲説に関する世間の反応

まとめ:嵐の不仲説について

嵐の二宮和也さんと松本潤さんの不仲説が注目されていました。

報道にもあった通り、仲が悪いのという見かたをすれば見えてしまいますね。

ただ、過去にも不仲説がデマだったということがありますし定期的に不仲説が疑われてしまうということがわかりました。

広告