阿佐ヶ谷姉妹は本当の姉妹じゃない?コンビ名の由来や結成の経緯は?

女性お笑いコンビの阿佐ヶ谷姉妹をテレビで見ることが多くなりました。

芸名に「姉妹」と入っていることから、本当の姉妹なのか気になりますよね。

見た目も似ている2人ですが、どうしてコンビを組むようになったのでしょうか。

この記事では、阿佐ヶ谷姉妹が本当の姉妹なのか?どうやってコンビを組むことになったのかを紹介します。

阿佐ヶ谷姉妹は本当の姉妹じゃない?

女性のお笑い芸人の中でも、教頭先生のような地味な見た目で得意の歌ネタなどを披露されブレイクしてる阿佐ヶ谷姉妹。

見た目が似ているということから『本当の姉妹なの?』という疑問を持たれる方もいると思います。

しかし、阿佐ヶ谷姉妹は血縁関係がないため、本当の姉妹ではないですね。

つまり、TT兄弟や叶姉妹と同じ様にあくまでも芸名で活動されています。

お二人の名前は、姉・渡辺江里子(わたなべえりこ)、妹・木村美穂(きむらみほ)といいます。

阿佐ヶ谷姉妹のコンビ名の由来

阿佐ヶ谷姉妹の出会いは、東京乾電池研究所という劇団に所属したことがきっかけでした。

見た目が似ているということから、おそらくお互いにひかれるものを感じ一緒に食事に行く仲になっていたようですね。

現在のコンビ名「阿佐ヶ谷姉妹」になったのは、2007年10月に阿佐ヶ谷にある鰻屋(うなぎや)に訪れた際に主人から『姉妹みたいに似てる』ということを言われたからだったからでした。

その後、姉の渡辺さんがブログで「阿佐ヶ谷姉妹にご要望がありましたら」と書いたところお笑いライブのオファーも舞い込んできたことも後押しして2007年10月22日にコンビとしてデビューを果たしたのだそうですね。

事務所については当時、梅津ノリジ事務所「オフィスプラム」に所属していましたが、2012年4月22日に現在のASH&Dコーポレーションに所属することになりました。

広告

阿佐ヶ谷姉妹は同じマンションで同居していた

阿佐ヶ谷姉妹は、2011年頃から同じアパートで同居していた時期がありました。

昭和の雰囲気漂う築33年6畳で家賃6万5000円の物件だったのですが、本当に仲がいいから6畳でも我慢ができたのだと思いますね。

ただし、現在はテレビに出演することも多くなり荷物も増えた関係で同居はしていません。

2017年に引っ越しを考えていたタイミングで、ちょうど隣に住んでいた学生さんが引っ越したため、姉の渡辺さんが隣の奥の部屋で暮らすようになりました。

わずか5分の距離ですが、よっぽど離れたくなかったのでしょうね。

2人の生活の様子については、Youtubeの「阿佐ヶ谷姉妹のモーニングルーティン」で公開されていました。

この動画を見ると、阿佐ヶ谷姉妹ののどかな生活で癒やされる方も多く「心の底から笑顔になれた」「悩みとか吹っ飛んだ」「寝たまま歯磨きするとかw」などコメントされている方もいるようですね。

テレビの中だけではなく、普段の生活でも阿佐ヶ谷姉妹のネタを見ているようで元気になりますね。

阿佐ヶ谷姉妹のプロフィール

本名:渡辺江里子(わたなべえりこ)

生年月日:1972年7月15日

出身:東京都

役:姉

本名:木村美穂(きみらみほ)

生年月日:1973年11月15日

出身:神奈川県

役:妹

広告

まとめ:阿佐ヶ谷姉妹は本当の姉妹ではない

女芸人の阿佐ヶ谷姉妹は、芸名で姉妹となっていますが本当の姉妹ではありません。

ただ、6年間同居していたり見た目が似ているということから姉妹に間違えられていたことがわかりましたね。

普段の生活からも癒やしのオーラが出ていますしこれからも応援したくなりますね。