【上沼恵美子】M1で和牛を批判したのはなぜ?内容書き起こし

漫才日本一を決めるM1グランプリ2019で審査員の上沼恵美子さんのコメントが話題になっていました。

からし蓮根の漫才が終了した後に、「和牛を批判してる?」と噂されている内容が注目されていましたね。

この記事では、上沼恵美子さんのM1グランプリ2019で和牛を批判したコメント内容を書き起こしてみました。

【M1グランプリ2019】上沼恵美子が和牛批判したのはなぜ?

2019年12月22日に放送されたM1グランプリ2019決勝戦で審査員の上沼恵美子さんのコメントが話題になっていました。

上沼恵美子さんは、決勝でからし蓮根の審査をした際になぜか和牛に対する不満をコメントしていました。

コメントは個人で自由ではありますが、からし蓮根について語るよりも和牛に対する批判していることが多かったように思えます。

こちらが、上沼恵美子さんがからし蓮根の漫才の後のコメントになります。

かなり長めのコメントであったため、書き起こしてみました。

【上沼恵美子】からし蓮根へのコメント内容書き起こし!動画あり

こちらが、上沼恵美子さんがコメントしていた内容を書き起こしたものになります。

ファンです!あのね、初々しいねやっぱり。

 

和牛には悪いんだけど、去年もその前も和牛に私チャンピオン入れました。でも、なんかそういう横柄な感じが和牛に対しては感じました。

 

だからちょっと厳しい意見も、なんかもう「このステージは僕のもの!リサイタル!」みたいななんのコンテストでも緊張感もない、なんかそういうぞんざいな物を感じました!

 

でも、からし蓮根には初々しいものを感じ、もうほんと笑っちゃったし、フレッシュだし、その必死さテッペンを取ろう!という、チャンピオンを取ろう!という、この気持ちがグッと伝わってきて、私は大ファンよ。

 

頑張れ、頑張ってえ!!!!

 

それがM-1じゃないの!和牛のような何か大御所みたいな出方して、その前も、私和牛に押してるわけですよ。それなのに決勝まで残さなかったそれが腹たつ!それに比べて、このお二人(からし蓮根)は強いんだよ!

 

いいぞお!!

頑張れ!私は寝る!

上沼恵美子の和牛批判は愛情表現?

初出場のからし蓮根に対して緊張感があって、『トップを取りに行こう』という気持ちに心を打たれてしまった上沼恵美子さんがヒートアップしてしまったことがわかりますね。

確かに、毎年M1で2位を取り続けている和牛のコントは大御所感が出ていたため、すごく面白いネタなのですがM1に対するアツい思いがどこか抜けていたのかもしれません。

敗者復活戦で勝ち上がっていき、打ち合わせする時間があまりない状況ということもありますが、個人的には優勝してもおかしくないと思いました。

ネタの構成もしっかりしていて、笑えるポイントと川西さんのツッコミも完璧に思えました。

視聴者からすれば、面白いネタという見え方だったのですが上沼恵美子さんからすれば、悪い意味の余裕が出ているということを見抜いていたのだと思います。

M1についてアツいのは、ステージに立つ芸人だけでなく審査員も本気で審査しているからなのだと感じますね。

2020年こそは、和牛に満場一致で優勝してもらいたいから愛情表現として叱咤激励したのでしょうね。

広告

上沼恵美子の和牛批判に関する世間の反応

まとめ:上沼恵美子のM1でのコメント

上沼恵美子さんの和牛へのコメントが注目されていました。

和牛は優勝することができなかったのですが、悪い意味で余裕が出ていたことを見抜かれたからなのかなと思いますね。

審査員も真剣に審査していたからアツくなったのだと思いますし、愛情表現の1つなのだと感じました。