【卒業と脱退の違い】使い分ける理由は本人の意思?平手友梨奈の今後は?

アイドルグループ欅坂46のメンバーが卒業と脱退が発表されました。

  • 卒業するのは、織田奈那さん、鈴本美愉さんの2名。
  • 脱退するのは、平手友梨奈さん1名。

であることが報じられていました。

ただ、どちらもグループを抜けるということなのに”脱退と卒業“という使い分けをしていることに疑問を持ちますよね。

この記事では、アイドルグループの卒業と脱退の違いについて調べてみました。

広告

欅坂46のメンバーの脱退・卒業報道の内容

2020年1月23日22時に欅坂46の中心メンバーである3人がグループを脱退・卒業することが明らかになりました。

脱退卒業については、欅坂46の公式サイトで発表され以下の文章が掲載されていました。

欅坂46のメンバーとして活動してまいりました織田奈那、鈴本美愉はこの発表をもちましてグループを卒業、平手友梨奈はグループを脱退致します。
在籍中はたくさんの応援をいただきありがとうございました。

また、佐藤詩織は本人からの申し出により活動を一時休止致します。活動再開の目途が立ちましたら改めてご案内致します。

Seed & Flower合同会社

引用元:https://www.keyakizaka46.com/

グループを抜ける詳細な理由については語られることがないのですが、なぜ”卒業”と”脱退”と使い分ける必要があったのでしょうか。

広告

【卒業と脱退の違い】使い分ける理由は?

卒業と脱退の違いについては、さまざまな考え方がありますよね。

自分の意思でやめるのか?

会社側から言われてやめるのか?

アイドルを続けていくのか?

アイドルを辞めてしまうのか?

言葉の使い方に決まりがないので、どういう経緯でグループを抜けるのか気になるところです。

ネット上でも卒業と脱退の違いは議論されており、何点か納得できる理由が出ていたので紹介します。

【卒業と脱退の違い】候補1:円満かどうか?

基本的に円満に活動を停止するときは卒業という言葉を使い、不祥事や何らかのトラブルで活動を停止する場合は脱退という言葉が使われる。

つまり、まとめると以下のようになります。

自分の意思でやめる場合は卒業。

誰かに言われて促される場合は脱退。

【卒業と脱退の違い】候補2:中途退職か定年退職?

会社で例えるなら、脱退は中途退社で卒業が定年退社といったところです。

アイドルは定年がないので一定の任期を終えたら会社側と本人の間の合意の元でグループの契約が満了となり脱退することをキレイな言葉で卒業と表現しているグループが多いです。

ただ、契約満了以前に本人の意思でグループをやめる場合は脱退と表現しているのだと思います。

まとめると以下の通りです。

会社側との合意でやめることを卒業。

自分の意思だけでやめることを脱退。

卒業と脱退では、言葉の印象として卒業の方がクリーンな印象がありますよね。

言葉を選ばず言うと”クビ”に当たるのが卒業で、次もアイドル活動を続けるとして、所属先に悪い印象を与えないたために使うのだと思います。

広告

平手友梨奈の今後の活動は?

脱退と卒業の意味は、さまざまあると思います。

ただ、メインで活躍されていた平手友梨奈さんの今後がどうなるのか気になるところです。

平手友梨奈さんの今後については、2020年1月23日のラジオ「GIRLS LOCKS」で次のように語られていました。

「今は話したいと思わないので、自分が話したいと思った時にどこか機会があればお話させていただけたらと思います。」

今後の活動については、特に語られていませんでした。

平手友梨奈さんといえば、欅坂46のデビュー曲「サイレントマジョリティー」からセンターを努めていて欅坂46になくてはならない印象がありました。

また、女優としても2018年公開の映画「響-HIBIKI-」で主演を務めていましたね。

ラジオの「いつかお話させていただきたい」という発言や、グループを脱退した後でも女優業のオファーも十分ありえると思うんですよ。

そのため、アイドルではない形で芸能活動を続けていくのではないかと予想しています。

詳しいことは、続報に期待したいと思います。

広告

【世間の反応】卒業と脱退の違い

まとめ:卒業と脱退の違い

欅坂46のメインで活躍されていたメンバー3人が脱退と卒業を発表されましたね。

同じグループを抜けるという意味でもさまざまな意見が出ていることがわかりました。

詳細については今の所明らかになっていないのでラジオや続報に注目ですね。

広告