童謡『森のくまさん』の替え歌でブレイク中の芸人パーマ大佐!
youtubeでは、ウクレレを使って数々のユーチューバーとコラボしたりしています。
童謡で馴染みにある歌詞ですが、替え歌の歌詞も声も聞きやすく何度も聴いてしまいます。

今回は、芸人パーマ大佐についてまとめてみました。

広告

パーマ大佐のプロフィール

本名:國土郁音(こくどいくと)
生年月日:1993年8月26日(23歳)
出身地:埼玉県北本市
血液型:B型
身長:172cm
事務所:太田プロダクション

パーマ大佐
芸人になり始めた2008年からピン芸人『パーマ大佐』として活動していたようです。
2008年ということは、15才ということですから高校生から芸人のようですね!
ピン芸人としても活動したんですが同時に『スタートライン』というコンビでも活動されたそうですが現在解散されていますね。
その後、現在ものまねピン芸人の酒井直斗とのコンビ酒井・國土または豆腐マーシャンを結成しM-1グランプリやTHE MANZAIにも出場された経歴がありますね。

パーマ大佐の家族がすごい!

母親(國土浩子):ピアニスト

パーマ大佐 母
父親(國土潤一):音楽評論家

パーマ大佐 父

姉(國土佳音):作詞家

 

パーマ大佐 姉
家族全員、音楽で活動されていますし、パーマ大佐自身も2歳からピアノの英才教育受けるというまさに音楽一家で育ったようです。
それなら、動画で拝見したとおり歌がうまいのが納得いきますね。

広告

姉貴がかわいい!

パーマ大佐がツイッターに乗せていた姉貴がかわいいですよね
気になる年齢は、1992年2月生まれということで24歳と若いです。
仕事は、ボイストレーナーのようで都内(渋谷)のスタジオで体験レッスンをされているそうです。
かわいいということで彼氏がいるのか調べたところいないとのことなのでステキな方ができることを応援しています。

 

パーマ大佐はマックスうざいというユーチューバー?

現在は、オフィシャルチャンネル内でマックスうざいというAPPBANKのマックスむらいのパロディで動画に出演されていますね。
たしかに、動画を見るとわかるのですが、終始話し方や顔芸がイラッとしたりまさにうざいキャラクターという感じがします。
よく、動画を拝見するのですがデカキンというユーチューバーのHIKAKINのパロディをしている芸人とコラボしているのを見かけます。
僕的に気に入っているのがパーマ大佐が作ったデカキンのテーマソングですね。

デカキンのために作ったのに、歌詞がほぼディスっているのにメロディと歌声がよくて悪い歌に聞こえないんですよね。
さすが音楽一家だと思いますが、芸人以外のところで活躍できるような気が個人的にします(^^)

テーマソング動画

こちらんがデカキンのテーマソングになります。

パーマ大佐

森のくまさん騒動とは?

2016年12月にパーマ大佐がデビューシングル『森のくまさん』という童謡で知られる『森のくまさん』をもとにしたネタを発売しました。
CD発売にあたって、著作権管理団体のJASRAC(日本音楽著作権協会)を通じて『森のくまさん』の日本語訳を手掛けた馬場さんの同意得ていたはずなのに馬場さんから団体に対して同意していないという食い違いがおこったそうですね。
今回の騒動に関しては、改めてパーマ大佐が馬場さんに説明したところ
2017年2月1日に円満解決となったなり一安心となりましたね。よかったですね!
この歌詞、結構泣けるなあと思っていたのでなくなってしまうのかドキドキでした。

森のくまさん動画

こちらが問題となった森のくまさんの歌です。

森のくまさん

まとめ:パーマ大佐

今回は、『森のくまさん』で話題のパーマ大佐についてまとめてみました。
芸人としては、歌も出したということでこれから注目されブレイクしていくのではないかと思いますし歌唱力もこれからどう発揮されるのか楽しみですね。

広告