【画像比較】佐藤浩市が激ヤセで別人?原因は潰瘍性大腸炎やガンなどの病気?

俳優の佐藤浩市(さとうこういち)さんが激ヤセしたということが話題になっていました。

激ヤセが噂されたのは2020年3月なのですが1年前の2019年と比較するとかなり変化していて別人レベルだと注目され心配の声も上がっています。

果たして、佐藤浩市さんが激ヤセしてしまった原因はなんだったのでしょうか?

この記事では、佐藤浩市さんの激ヤセ原因や画像比較をしていきます。

【画像比較】佐藤浩市が激ヤセで別人レベル?

2020年3月8日にタレントのLiLiCoさんのブログに佐藤浩市とのツーショットが話題になっていました。

こちらが、LiLiCoさんのブログに掲載されたツーショット画像です。

引用元:LiLiCoさんのブログ

佐藤浩市さんはもっと、顔がふっくらしていたような印象があっただけに驚きましたね。

後ろに掲載されている映画「Fukushima50」のポスターとも比較しても顔の印象が変わったことがわかります。

2019年と2020年で、佐藤浩市さんの変化を画像で比べてみました。

すると、やはり顔のシワの形だったり、なんとなく髪も元気がないというか細くなったような気がします。

画像編集アプリなどを使用して加工したというよりは、何かが原因で激ヤセをしたとうい感じがしますね。

佐藤浩市が激ヤセの原因は映画の役作り?

佐藤浩市さんが痩せた原因は今の所わかっていません。

3月7日に出演された番組「王様のブランチ」の頃から痩せたという噂がありました。

ということは、2020年2月にはそこまで痩せたということはなかったようなので急に痩せたと考えていいでしょう。

佐藤浩市さんと検索すると「潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)」という病名が出てきます。

この病名が出てくるのは、2019年に公開された映画「空母いぶき」で佐藤浩市さんがお腹を下す首相を演じたために出てきたワードですね。

そのため、潰瘍性大腸炎が原因というわけではなさそうです。

また、「ガン」ではないかという噂もありました。

タレントや芸能人の中には、ガンで痩せた方がいるのでガンを疑っているのでしょうが、今のところ、佐藤浩市さんはガンであることを公表していません

おそらく、2020年3月に公開される映画「Fukushima 50」の中で福島第一原発内で作業している作業員の役柄の設定か何かの可能性がありますね。

急に痩せてしまったため、病気などの可能性もあり心配になりますが、病気でないことを願うばかりです。

【世間の反応】佐藤浩市の激ヤセを心配する声

まとめ:佐藤浩市の激ヤセ

俳優の佐藤浩市さんが激ヤセしていることが話題になっていました。

役作りで痩せる俳優さんもいますが、次の撮影のための準備なのかもしれません。

病気でないことを願いたいですし、続報などにも注目したいですね。

広告