バッテリー交換やり方って実は初心者でも簡単にできるんです。
初心者の僕でも、超簡単にできたのでやり方道具費用についてをご紹介しますね。
また、交換してからの車の変化からメリット改善効果があったので書いていきます。

広告

車のバッテリー交換の道具・費用は?

車のバッテリー交換を自分でするときには、用意する道具あった方がいいものがあります。

交換するにあたり、新しいバッテリーについては、ネットで購入していますね。僕の場合ですと、メーカーはこだわりがなかったのですが6000円~8000円くらいで購入することができます。
また、レンチについては、絶縁体を巻いたものの方が安全ですね。

ゴム手袋やウエスは、感電防止と掃除に使います。

  • 【必要】新しいバッテリー
  • 【必要】レンチ(10mm)
  • 【必要】ゴム手袋
  • 【どちらでも】ウエス(数枚)
  • 【どちらでも】バックアップ電源

バックアップ電源について

バックアップ電源は、オーディオや車の時計とか取り付けてある電化製品などの設定がリセットされてしまうことを防ぐことができます。

僕の場合は、使用していないのですが主にオーディオの時間と車の時計だけリセットされただけだったのでバッテリー交換後に少々いじるだけで済んでしまいますね。
値段も1000円しないくらいですので購入してもどちらでもいいと思います。

【エーモン】【ゆうパケット300円】バッテリー交換時にメモリーバックアップ【1686】【バッテリーとの同梱OKで送料無料】

価格:690円
(2017/6/18 20:28時点)

バッテリー交換のやり方

バッテリー交換時には、かならずエンジンルームランプ点灯する製品OFFにして起きましょう。また、天気は晴れがいいですね。また、新しいバッテリーについて別記事で選び方を書いていますのでそちらを参考にしてみてください。

車のバッテリーの選び方についての記事はこちら

・1バッテリー位置確認

まずは、車のボンネットを開けてバッテリーの位置を確認します。


僕の場合ですと、助手席側ですね。

電源コードがつながっているのですが、赤いゴムが付いている方がプラスむき出しのほうがマイナスです。

・2バッテリーターミナルのナットを緩める

バッテリーのターミナルをレンチを使って緩めてきます。


緩める順番は、マイナスが先になります。レンチでナットを緩めるのですが、完全にはずしてしまわなくても大丈夫です。

プラスをマイナスが接触してしまわないように、ウエスなどで接続部分を巻いておくと安心です。

緩める際の注意点

  • 感電防止のためにゴム手袋をはめましょう。
  • プラスとマイナスを緩めていくわけですが、必ずマイナスを先にしてください。取り付ける時は、逆になるのでマイナスに始まりマイナスに終わると覚えておけば大丈夫ですね。

・3バッテリーフレームを外す

バッテリーを固定しているステーとバッテリーフレームをレンチで外します。


手前と奥を少し緩めれば、Jの字になった部品が引っかかっているだけなので簡単に取り外せますね。

 

・4バッテリーの置き場所を掃除

僕の場合は、9年ほど交換していなかったのでかなり汚れています。軽くほうきとかウエスでキュキュット吹いてあげます。

・5新しいバッテリーの取り付け

比較してみるとかなりいたんでいますよね。年代が変わると変化しています。

新品のバッテリーを元の位置に置き、持ちてを外してあげますね。車に乗せる前に持ちてを外してしまうと結構苦労しそうです。バッテリーのプラス・マイナスがコードと同じかどうかも確認しておきましょう。同じバッテリーなら問題ないですが、逆においてしまわないように注意が必要ですね。

・6バッテリーフレームの取付

Jの字の部品を引っ掛けてあげてナットをしめていきましょう。取付時には、ガタがないかも確認するといいでしょうね。
また斜めに取り付いていないかも見て確認します。

・7バッテリーターミナルのナットを取り付ける

プラグが中途半端な位置にならないように押し込みながらナットを取り付けていきましょう。今度は、プラスから始まり、次にマイナスを取りけます。

・8エンジンの始動確認

ボンネット内に道具がないことを確認しボンネットを占めてからエンジンを始動してみましょう。

セルを回すのですが、エンジンが掛かる手前の電源まで回して5秒位待ちます。

おそらく電源は付いていると思いますが念には念を入れていきなりエンジンを掛けない方がいいかもしれませんね。5秒待ったらセルをエンジンが掛かるまで回して確認終了です。

 

バックアップ電源無しの場合

バックアップ電源無しで交換を行った場合、車のオーディオの設定や時計が狂うので調整が必要です。


トリップメーターについては、変化がないので大丈夫ですね。

バッテリー交換に掛かる時間は?

バッテリー交換を撮影しながらだったのですが、20分かからないくらいでしたね。
そんなに難しいわけでもないですし、つける順番とバッテリーの種類だけを抑えておけば誰でもできると思います。

広告

バッテリー交換後の改善効果がすごい

電圧について交換前と交換後で比較したところ特に変化無しですね。ですが、試運転して見たところ運転性能がアップしたということを実感できます。
交換前は、踏んでも力がないと感じていたのですが長年乗っていてエンジンが弱ったのだと思っていたんですよね。

ですが、調べて見たところどうやらエンジンの加速向上も改善されるそうです。

また、ブレーキを掛けた時に車がガタつく感じがあったのになくなり乗り心地もよくなりました。オーディオにこだわりがある方には低音域がすっきりして歪のすっきりした音を楽しむことができます。

車を購入した時の若々しい走りが戻ってきたので、タイヤやエンジンオイルを交換するよりも断然効果があるのでおすすめですね。

【エーモン】【ゆうパケット300円】バッテリー用品ショート防止 2wayレンチ【1684】

価格:409円
(2017/6/18 21:30時点)

まとめ:車のバッテリー交換の方法

今回は、車のバッテリー交換方法を改善効果について書いてみました。業者さんに頼むのもいいですが、自分で交換することも面白いですよ。
ぜひ参考にして見てください。

広告