第2話で倫子と香の恋の発展がすごく最後キスシーンで終わりましたね。
この先、発展して付き合うというわけでなく夜のことを隠したりどうしていいか悶々としたりして展開が面白いと思いました。
今回は、タラレバ娘第3話を見ての感想を書いていきます。

広告

第3話のあらすじ

倫子(吉高由美子)とKEY(坂口健太郎)が一夜を共にしたが本名も本心もわからないままKEYがいなくなってしまい倫子は悶々と考えこんでしまう。

東京タラレバ娘 3話

一方、(榮倉奈々)も涼(平岡祐太)と一夜を共にするが涼が彼女と同棲しているということもあり一夜のことを何もなかったことにして隠していく。

東京タラレバ娘 3話

そして、サバサバ女子の小雪(大島優子)に今回ついに運命的な出会いが訪れる!
見た目も正確もタイプの丸井善男(田中圭)
小雪は急速に引かれていき、2ショットで食事会となるが丸井に少し問題が発覚してしまいます。

東京タラレバ娘(1) [ 東村アキコ ]

価格:463円
(2017/2/2 20:48時点)

タラレバ娘第3話の感想

倫子さんについては、なんだかんだいってKEYくんに引かれていくんだろうと予想ができるのに合間に早坂さんとの描写があるということで2つの選択があるのだとわかります。

たしかに、早坂さんのような誠実な人と付き合うことができれば幸せというか倫子が求めている愛をくれる人であるし惹かれていくのがわかりますね。

ただ、積極的なKEYくんと発展はしたいのだけど、相手の自分のことを嫌いだとわかれば相手を嫌うし好きだとわかれば好きになるというような相手の気持ちで自分の気持ちを決めているという印象を受けましたね。

結局、倫子さんはKEYくんを好きなのだと思いますが相手の本心がわからないことで素直になれないジレンマなんでしょうね。

東京タラレバ娘 3話

最後に『女子会というぬるま湯に浸かりすぎて、恋愛という戦場のルールを忘れてしまった』

というセリフがまさに今回の話を分かりやすく表現しているなあと思いましたね。

広告

今後の展開予想

第3話では、『傷つくくらいなら恋なんてしなくていい』という恋愛に背を向けてきた小雪が運命的な出会いをしましたね。

東京タラレバ娘 3話

小雪さんて、過去に嫌なことがあったのでしょうかね?これまでに何度か好きかもっていう人がいたと思いますがきっと自分で心を閉じて気持ちを押さえ込んできた経緯であるんじゃないかなあ?東京タラレバ娘 3話

ということはですよ!

結構1つでもダメな部分のある男ナシと極端に決めていくように思えるのですが丸井さんの結婚しているがいいですか?という問題をあっさりOKにしてしまうところを見ますと今後、丸井の妻とのことで問題が出て来そうですが問題を乗り越えたら

すごい小雪さんの恋もアツイものになるような気がしますね。

東京タラレバ娘 3話

まとめ:タラレバ娘第3話

今回はタラレバ娘第3話についての感想と今後の展開について予想してみました。
第2話に続き、急展開を見せてくれるので見ていて飽きないですし
今後どのようになるのか期待しています。

タラレバ娘最終回の記事はこちら

タラレバ娘第9話の記事はこちら

タラレバ娘第8話の記事はこちら

タラレバ娘第7話の記事はこちら

タラレバ娘第6話の記事はこちら

タラレバ娘第5話の記事はこちら

タラレバ娘第4話の記事はこちら

広告