ウエンツ瑛士が留学した本当の理由は?いつからロンドンに行ったの?

タレントのウエンツ瑛士さんはロンドン留学をされ、2020年4月に帰国しテレビ復帰を果たしましたね。

留学直前までレギュラー番組もありましたし、ドラマにも出演されていたのですがなぜ留学をしたのでしょうか。

この記事では、ウエンツ瑛士さんが留学をした理由やいつからロンドンに行っていたかについてまとめてみました。

ウエンツ瑛士が留学した本当の理由は?

ウエンツ瑛士さんは、2018年8月28日に出演されていた「火曜サプライズ」で9月末で芸能活動を休止することを発表されていました。

留学先に選んだのは、イギリス・ロンドンで舞台の勉強のためであることを話していたんですよね。

『9月末をもって日本の活動を一度全て休止して、10月からロンドンに行って、舞台の勉強をしてきたいと思っております』

引用元:サイゾーウーマン

ウエンツさんは2009年に舞台「雨の夏、三十人のジュリエット」に出演されていらい、舞台に出演する機会が増えていたんですよね。

2015年(29才)には、「いつかイギリスのロンドンで舞台に立ちたい」ということ考えていたため、30代を目前に迫っていることを踏まえてロンドン行きを決意されたのだそうです。

ウエンツ瑛士はいつからロンドンに行ったの?

ウエンツ瑛士さんがロンドンに行ったのは、2018年10月からで約1年半ほど語学と舞台の勉強のために留学していました。

留学前の最後に、レギュラーとして活躍されていた番組「火曜サプライズ」で報告していた動画を発見することができました。

留学する直前の2018年9月25日ギリギリまで番組を盛り上げていってくれていましたね。

30代手前での決断はすごく勇気が必要だったと思いますし、共演者からのエールを受け取って留学に望みました。

ウエンツ瑛士は英語が話せなかった

ウエンツ瑛士さんは、ハーフタレントで一見、英語が話せるように思えますが、全く話せなかったんですよね。

留学し始めた3ヶ月間は、語学の壁を感じ「うつ状態にもなった」というエピソードも話されていました。

現在も話せるわけではないと話しており、「話せなくても関係ない!」というマインドにたどりついたのだそうです。

2019年11月にロンドンで自主制作に近い舞台に出演することができ、元気そうな姿をInstagramで公開されていました。

この投稿をInstagramで見る

大竹しのぶ(@shinobu717_official)がシェアした投稿

ウエンツ瑛士の活動は?

2020年3月4日に日本に帰国してからは、多くのバラエティ番組に出演されていました。

ロンドンでの舞台出演という夢を叶えたウエンツさんの今後は、日本でしばらく活動をすることを語っていましたね。

留学については、「10年くらいはいい」ということを語っていたため、しばらく日本で活動するということなのでしょう。

おそらく、言葉の壁だったり居心地の良さは日本の方が上だったのかもしれません。

朝の情報番組「スッキリ」のWEニュースにも復帰されていましたし、火曜サプライズにも復帰されていました。

今後は、バラエティ番組にも出演が増えそうですね。

まとめ:ウエンツ瑛士の留学理由

ウエンツ瑛士さんは、語学と舞台の勉強のために留学をされていました。

約1年半ほどロンドンにいて、舞台に立つ夢も叶えて帰国されました。

帰国してからは、バラエティ番組にも引っ張りだこで返し方も相変わらずうまいことに驚きました。

今後は、日本で活動をされるようなのでドラマやバラエティ番組などに出演されていくのだろうと思いますね。