NMB48須藤凛々花話題で賑わっていましたが、欅坂46平手友梨奈事件が起きてしまいましたね。
ニュースによると、握手会発煙筒を投げて殺人未遂ということで狙われた平手さんの精神が心配ですよね。

広告

【欅坂46】握手会の事件とは

2017年6月24日に千葉市美浜区の幕張メッセで行われた欅坂46の4thシングル『不協和音』発売記念の握手会イベントで事件が起こりましたね。

午後の8時15分頃に、発煙筒を投げこんだ男がいると消防署に通報があり男を取り押さえたところ刃渡り12.6センチの果物ナイフを所持していたことがわかったそうです。どうやら、欅坂46のセンターである平手友梨奈を狙い「刺して殺そうと思った」と話しているそうですね。

【欅坂46】握手会の事件の犯人は

犯人は、自称札幌市白石区、無職の阿部凌平24歳ということです。


2014年にも、のこぎりを持った男がAKB48のメンバーを殺傷する事件が起きていたので記憶に新しいのですがまた起きてしまったようです。果物ナイフを所持っていうことは、やはり殺害意志があったわけですしどんな理由で事件を起こしたのか気になりますよね。

平手友梨奈の殺害理由は?

阿部凌平容疑は「好きなメンバーを刺して殺そうと思った」と言っているようですが、どういうことなんでしょうね。アイドルに対してはの愛情表現って、CDを購入したりだとかイベントに参加するなどの方法が一般的だと思います。

好きになりすぎると、おそらく自分のだけのものにしたいって独占欲なら生まれると思いますが、あまりにもサイコパスな事件だと感じますね。

広告

握手会の手荷物検査の実態は?

今回の事件は、イベント参加前に手荷物検査が行われていたようなんですよね。発煙筒も果物ナイフの所持って、明らかに金属探知機の検査をパスしすぎですし、雑な警備だったことがわかります。

ましてや、2014年にAKB48傷害事件もあったのですから敏感になっていてほしいところなのでアイドルだけでなく会場に来ているファンにも怖い思いをさせていたのだと思うとイベントが今後なくなるのではないかと思ってしまいますね。

 

欅坂46の事件動画

 

まとめ:欅坂46の握手会事件

今回は、欅坂46の握手会で起こった事件について書いてみました。
犯人の行動も怖いですが、過去に起こった事件もあり会場の安全面が不安になってしまいましたね。
また、平手さんの精神状態も心配ですしトラウマにならなければいいですね。

広告