2017年6月24日に幕張メッセ欅坂46平手友利奈さんが狙われましたね。
犯人は捕まったのですが、握手会トラウマで今後の活動に影響しそうですよね。
もしかしたら、恐怖からイベントもアイドルも引退ということもありえそうです。

広告

【欅坂46】握手会の事件とは

2017年6月24日に千葉市美浜区の幕張メッセで行われた欅坂46の4thシングル『不協和音』発売記念の握手会イベントで事件が起こりましたね。

午後の8時15分頃に、発煙筒を投げこんだ男がいると消防署に通報があり男を取り押さえたところ刃渡り12.6センチの果物ナイフを所持していたことがわかったそうです。どうやら、欅坂46のセンターである平手友梨奈を狙い「刺して殺そうと思った」と話しているそうですね。

【欅坂46】平手友梨奈(てち)は握手会がトラウマ?

平手さんを刺して殺そうと思ったと犯人は答えていたようですから恐怖だと思います。

また、事件は6月24日に起こりましたが6月25日って平手さんの誕生日でもあるんですよね。そうなると嫌でも日付まで覚えてしまうだろうし最悪な誕生日を迎えることになります。

ましてや、中学生ですし今後の活動でフラッシュバックしたら思いっきりパフォーマンスが発揮できなさそうですよね。
握手会がほぼ収入源なわけですし、今回のような事件って過去にも発生しているので2度あることは3度ある可能性もありそうだと感じます。

 

【欅坂46】平手友梨奈(てち)は引退?

警備については以前からも、手荷物検査がズサンであることや警備が薄いなんて言われていますよね。

今回、さいわいなことにメンバーや関係者、ファンにも怪我がなかったわけですが、刃物を持っていた人物が会場内にいるかもしれないと思うと怖いですよね。
平手さんに関して言えば、殺人予告されているしたまたま捕まったから良かったものの悪い想像をしてしまう気がします。
また、親だって危ない場所に娘を置いておけないと思うし引退なんてこともあり得ると思いますね。

広告

過去にあったAKB傷害事件

2014年5月25日に、岩手県滝沢市の岩手産業文化センターで開催された握手会で、刃物を持った暴漢に襲わるという事件がありましたね。
負傷者には、AKBの入山杏奈さんと元AKBの川栄李奈さんとスタッフの男性1名です。


負傷を追った川栄李奈は、事件の1年後にAKBを卒業をされてドラマなどで活躍されています。2人ともアイドルを事件後も続けてきたということですし、アイドルになるって決意したことってトラウマに勝てる可能性がありますよね。

ということは、センターを務める平手さんですから引退せずに続けていってほしいですね。

まとめ:欅坂46の平手友梨奈さんが引退

今回は、欅坂46の事件から平手さんが引退してしまうのかどうかについて書いてみました。
楽しいイベントが恐怖のイベントだとトラウマにならなければいいですね。
また、運営する側は警備や手荷物検査をいいかげん強化してほしいです。

広告