【画像比較】小芝風花がかわいくなった?子役時代と現在で変わってた!

女優として活躍されている小芝風花さん。

2011年にオスカープロモーションのオーディションをきっかけに芸能界デビューされ、子役時代から注目されていました。

ドラマ「あさが来た」や映画「魔女の宅急便」などの知名度が高い作品にも出演されていた時と現在では、”かわいくなった?”と変化に驚きを感じる方も多いと思います。

この記事では、小芝風花さんの子役時代と現在について比べてみました!

小芝風花さんが出演されてきた作品

この投稿をInstagramで見る

小芝風花(@fuka_koshiba_official)がシェアした投稿

名前:小芝風花(こしばふうか)

生年月日:1997年4月16日

出身:大阪府堺市堺区

血液型:A型

事務所:オスカープロモーション

2011年(14歳の時)に行われたオスカープロモーションのオーディションをきっかけに全国グランプリに輝き芸能界デビューを果たした小芝風花さんはこれまで数多くのドラマや映画作品に出演されてきました。

初出演したのが2012年に放送されていたドラマ「息もできない夏」で、武井咲さんの妹役として女優デビューを果たすことができました。

小芝さんは、小学3年生から中学2年生までの5年間習っていたフィギュアスケートをされていたのですが、ドラマでも表現や精神力が鍛えられたことで視聴者や共演者からも演技を絶賛されていましたね。

このドラマ出演をきっかけに小芝風花さんは、たくさんの作品に出演されています。

ドラマ
  • 2012年:息もできない
  • 2013年:ドクターX、スケート靴の約束、
  • 2014年:緊急取調室、GTO
  • 2015年:大江戸調査網、セカンド・ラブ、HEAT
  • 2016年:あさが来た、『早子先生、結婚するって本当ですか?』
  • 2017年:下剋上受験、マッサージ探偵ジョー、ヒロシマ8.6
  • 2018年:女子的生活、そろばん侍
  • 2019年:トクサツガガガ、恋と就活のダンパ、べしゃり暮らし
  • 2020年:美食探偵、妖怪シェアハウス
映画
  • 2014年:魔女の宅急便
  • 2015年:ガールズ・ステップ
  • 2016年:東京未来日記
  • 2017年:天使のいる図書館
  • 2018年:文福茶釜

2014年に公開された、映画「魔女の宅急便」では主人公のキキを熱演され、ブルーリボン賞も獲得されていました。

小芝風花さんの子役時代

現在の小芝風花さんは、メイクやヘアカラーも明るくて爽やかで、誰からも愛されそうな20代女性っていう印象がありますよね。

パッとテレビを付けた瞬間「あっ!小芝風花さん出てる!」って完全に、顔と名前が一致する女優さんの1人だと思います。

ただ、デビュー当時は今ほど印象が強かったようには思えませんでした。

こちらに、デビュー当時から子役時代までの写真をまとめてみました。

爽やかでかわいいし、妹キャラという印象がありましたが「誰だろう?」と思ったがの正直なところでした。

年齢を重ねるたびに、どんどんかわいくなっていて、顔の印象も明るくなっているような感じがしますね。

顔が変わったとも噂されていたりもするのですが、おそらく整形とかそういうことではないと個人的には思いますね。

【画像比較】小芝風花さんがかわいくなった?

小芝風花さんの現在(2020年)と子役時代(2012年)を比較してみました。

昔も今も顔の印象はさほど変わっていませんし、昔から整っている顔であることがわかりますね。

年齢を重ね、メイクやヘアカラー、写真の撮り方、女優さんとして表現も努力されてきたことが、今に至っているんだと思いました!

何がかわいいかって、出演されているドラマでの仕草だったり雰囲気もいいのですが、美食探偵とか妖怪シェアハウスとかコミカルな演技もうまいし、名前すらかわいく思えたりもしてきます!

かっこいい女優さんもいいのですが、小芝風花さんのように笑顔で楽しそうな演技をされているのまたハートを鷲掴みされたような感じがでしていて、トクサツガガガ時代から注目しています。

【世間の反応】小芝風花がかわいい

まとめ:小芝風花がかわいくなった

女優の小芝風花さんは、最近になってコミカルな演技やかわいい表情が注目されています。

昔の子役時代と比べて、明るく印象的な女優さんに変わっていっているのが1ファンとしてうれしいですよね。

これからも応援したくなりますし出演作品も楽しみです!

広告